マイアミ・バイス

d0058606_324425.jpg
 セクシーでワイルドな魅力たっぷりの刑事コンビが犯罪組織へ飛び込み,潜入捜査。 アクション刑事ものというのは数多くあるけれど実に現実味のあるリアルな映画というのは中々お目にかかれない。 もととなるドラマは80年代,放送されたようだ。 ドラマ版に携わっていたとされるマイケル・マン監督が初のメガホンをふるい,迫力と臨場感あふれる映像と“男の美学”というものがそこにプラスされた。 危険すぎる任務につく二人の刑事の生き様とも言うべきだろうか。とにかく男として最高にかっこいい二人が画面いっぱいに映し出され、煌々と光る。 彼らが仕事をするときは主としてスーツでびしっときめ,車は高級車。 ぱっと見た感じ、ワルにも見えるがそうではない。 彼らがそう見えるのは彼らが潜入捜査という任務遂行の証。 彼らは“役”になりきらなければならない、これは犯人への静かなる挑戦であろう。 少しでも間違えれば死への秒読みが始まる、というかないと言っていいだろう。 彼らのこなす仕事が現実にも存在すると考えるとすごいし、彼ら以上に人為的な死に近い仕事を持つ者はそうそういないのではないだろうか。 緊迫した空気が流れる中、あってはならない恋があったりとドラマ性もしかれている。
 ソニー(コリン・ファレル)とリコ(ジェイミー・フォックス)の二人は任務遂行中、そんな最中に突如舞い込んできた一つの知らせ。 それは二人が関わっていた情報屋の死へと導いたのだった。 そこから全ては始まった。 そして彼らは驚異的な犯罪組織を法の下の制裁を下すべく潜入捜査という危険な賭けに出た。 ソニーとリコには次々と魔の手が襲い、命が幾度となく危機にさられるのだ。 しかし、そこでひるんではいけない。 いつでもクールでいなければならないのだ。 いつでもクールでいること、犯罪組織に接近するために“なりきる”ことが彼らの鉄則。やり直しが聞かないのが危険さを物語っている。
 二人は正反対な性格の持ち主どうし。 そうでなくてはおもしろくないし、だからこそ互いおぎない絆も結束するのではと思う。 この映画ではソニーは“そのときそのときの情熱に生きる”とあり、時にエンジンがきかなくなりかける。 けれど仕事にかける精神は上司をも上回るもの。 リコはいつ何時も冷静で、冷静で相棒を信じるその目でソニーを見、自分の目の前にあるものを見る。 熱くなりすぎることもなく、ソニーを唯一人とめることのできる存在であろう。 それこそがパートナーとしての結束の力、絆の力そのもの。
 豪快すぎるアクションがあるわけでもなく、二人の人間性も器も決して遠いものではない。アクションものと言えば爆風の起きる間際で切り抜けたりとか大きく目立たせるものはなく、あくまでその任務につく男たちの精神をついたものなのだ。 そこが実にリアル。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-30 04:18 | 映画タイトル ま行

edward SCISSRHANDS

d0058606_05043.jpg
 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビがおくるヒューマンドラマ。 明るい色とりどりの家々が並ぶ住宅街の通りの向こうに見える一つの丘。 丘には不気味にたたずむ大きな屋敷がそびたっていた、そこへ足を踏み入れようというものはいなかった。 なぜなら恐ろしいお化け屋敷とされていたからだ。 しかし、その屋敷の住人は心の優しい、けれど一人孤独に暮らす未完成の人間。 人の手により創られた人造人間。 創り主はエドワードを完成させるまもなくこの世を去っていった。 ほとんど人に完成していたエドワードを残して。
 一人の老婆は少女に語った、孤城に暮らすエドワードの話を。 化粧品を訪問販売することを仕事に持つ女性がいた。 彼女は仕事をマジメにこなすけれど全く収穫がなかった。最後に行き着いたのが誰も近づきたがらない孤城だった。 彼女はそこでとても心の綺麗な青年に出会う、エドワードその人である。 そんな彼の手にはハサミが、とういうより手がハサミなのである。エドワードは人間の手を手にすることができなかったのだ。 そんな彼をほっとけなかった彼女は彼女の住む住宅街へと連れて行くことにした。
 エドワードは見た目が少し恐ろしく、普通の人間として生きるのには少し不便であった、しかし彼には素晴らしい才能があった。 それが彼の“ハサミの手(シザーハンズ)”なのだ。 手先を使い,いろいろなものを作り上げていくという芸術的とも言える力を持っていたのだ。 普通の人とは違う彼を忌み嫌いものもいた、しかし住民の多くが彼の才能に惹かれ、虜にされた女たちはエドワードのもとへと次から次へと押し寄せてきた。 彼はたちまち街の人気者。 しかしその幸せは長くは続かなかった。 幸せの起こる,その裏には影が静かに迫っていきその影が彼に近づいたとき、彼にふりかかる悲劇は始まった。
 未完成の人間、完全な姿ではないエドワードは人をできしめることができないという辛いリスクを背負っていた。 彼のとても綺麗な、ピュアな心の姿を描くのがこの作品の特徴であると思う。
不気味で独特な世界観をベースに作られたのが「シザーハンズ(邦題」」という人間ドラマ・。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-29 02:15 | 映画タイトル あ行

100題バトン。

いつもお世話になっているサナダさんよりいただきました「100題バトン」にレッツトライ!


1.あなたは何者ですか?

  ただのジョニー好きです。

2.最近どうですか?

  時差ボケなのか眠いです。 

3.今何やってますか?

  ブログ更新中・・・

4.ちょっと自慢してもらえます?

  旅行中に25セントを表向きで発見...ラッキー!

5.好きなものを好きなだけ挙げてください。

  ジョニー、ジェリー、佐藤浩市、映画、昼寝、日本やアメリカの古きよき建物、旅行、
 いちご、納豆...などなど。

6.自分のイメージを漢字一字で例えるなら?

  「呑」。 いつでもマイペースでなんとかなるさがポリシー?だからでしょうか。

7.今一番聞きたい曲は?

  ラブ・ジェニス! あるいはなんでもいいので洋楽のポップス。

8.自分のイメージカラー、または好きな色は?

  好きな色は青系と黒。 茶色も最近ハマリつつあります。

9.今一番おすすめのお菓子は?

  ベビースター(チキン味)、うまい棒(チーズ、あるいは明太味)、ふーちゃん...などなど。

10.本日の起床時間は?

  日によって。 遅くても9時には。

11.どの季節が好きですか?

  行事的には夏と秋。 気候としては秋でしょうか。 冬も雪がいいですね。
 ...って特にこれと断定できてないです(汗)

12.好きな映画はなんですか?

  終わりがハッピーエンドなら基本的にオーケー。

13.小さい時どんな子だった?

  よく泣く子。 ぜんぜん喋らなかったような...


14.漬物なら何が好きですか?

  きゅうりとカブ(京都の)!

15.最高何時間寝たことありますか?

  10時間...かな!

16.好きな本はなんですか?

  ファンタジーもの、 ミステリーもの。

17.テスト勉強はどのくらい前から始めますか?

  早くて二、三日前。 たいていは前日,最悪当日の予習時間。

18.口癖はなんですか?

  「なんか○○なんだよね」っていう言い回し。

19.何フェチですか?

  香りですかね。 10代の頃とか学校の体育館のにおいとか好きでした。

20.自分にとって酸素と同じくらい大切なものはなんですか?

  命、健康な体。

21.今一番欲しいものはなんですか?

  カードサイズのデジカメ。

22.もし、一つだけ願いが叶うなら何を願いますか?

「どこでもドア」下さいなw 

23.好きなテレビ番組は何ですか?

  はねとび、うたばん、英語でしゃべらナイト、笑点、目がテン、金曜ロードショー。

24.あなたにとっての幸せとは?

  のんびりわが道を歩むこと!

25.今の野望(目標)はありますか?

 アメリカンかヨーロピアンと結婚!  

26.絵もしくは小説を書くとき、癖ってありますか?

  絵→線がやたらと濃くなる、絵が黒くなる。 小説→寝転がりながら左右に向きを変える。

27.もし今はもう会えなくなった人に一度だけ会えるとしたら誰に会いたい?

  小学校時代に転校していった友人。

28.好きな芸能人は?

  もちろん、ジョニー・デップ! 日本なら佐藤浩市!!

30.あなたはS(サド)?M(マゾ)?

 自分じゃあ、よくわかんとです。  

31.次で32問目ですがその前に一言。

  けっこう長いですねぇ、でも頑張るさぁ。

32.BL(ボーイズラブ)の魅力って何ですか?

  ...BLって何??  

33.絵を描くときに使うもの(ソフト)

 色鉛筆。


34.今の所持金は?
 
  5000円くらい?...少なっ!!
  
35.今行ってみたい国はどこですか?

   イギリスとカナダ。

36.有料駐車場から車を出そうとして、財布を忘れたことに気が付きました。
   さぁ、どうする?

  誰かに電話で助けを求めよう。

37.道端で大金を拾って、それを見ていたら前からお巡りさんが見てる。どうしますか?

  あっ(汗)、あのっ これ落ちてました(’▽’;;

38.人生でもっとも恥ずかしかった出来事は?

  言えやしないよ...(笑)

39.愛する人に一言どうぞ。

  大好きだーっ!

40.もし架空の生き物が飼えるとしたら何を飼う?

  やっぱりドラえもんかな!

41.清峰高校ってしってますか?

  んー、高校野球をよく見ていなかったので聞いたことあるなぁ程度です(汗)

42.好きな衣装は何ですか?

   浴衣。 ダークエンジェルの主人公の衣装、X-MENたちの衣装。  

43.3日前の晩御飯は?

  いくらご飯、マグロやサーモンの入ったサラダなどなど。

44.攻めの反対は?

  受け...でしょ?

45.今日世界が滅亡するとしたらどうする?

  みんな、気をつけろー

46.長電話好き?

  好きではない。 現場を見てるとまだ話してるよぉ~ よく話すよなって思う。
  ...とは言え自分もたまぁに。  

47.最近いちおしのアーティストは?

  すいません、思いつかないです。 とういうか一人にしぼれません。

48.甘い物は好きですか?

  物によります。 極度に甘いものは苦手です。 甘さ控えめが一番!

49.太陽と月はどっちが好きですか?

  月! 月のカタチは一つではないし、沖縄の夏の日の月が忘れられません。

50.あなたの目の前にはル○ン三世が。彼はあなたから大事な何かを盗んでいきました。
  さて、何を盗まれた?

  ハート...なぁーんて。 なんでしょうね~

51.「デーブ」といえば?

  スペクターですね。 あと、ペルザー。

52.声が素敵な役者は?(追加してみました)
 
 ジョニデ、佐藤浩市、中井貴一などなど。

************
↑個人的に思うのですが、声じたいや声の出し方などが素敵な役者さんってそれが演技に活かされてる気がするのです。 それらがうまい人、素敵な人は役者としても魅力を感じるのです。言うなれば「声美人」。

ちなみにこのバトン「一人が答えるごとに一問ずつ増えて100問まで到達するとこのバトンは終わります」とのことです。 みなさん、どんどん繋げていきましょう!!
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-28 23:34 | バトン

THE ILLUSIONIST

d0058606_354535.jpg
 20世紀の初頭、一人の男が舞台に上がった。 彼は人々から“イリュージョニスト”と呼ばれた。 魔法のような奇跡のイリュージョンの数々に人々は息をのむ。 全く読むことのできないトリック、それに拍手喝采する者もいれば非難するものもいた。 時に人々は彼の力に恐れおののく、しかし素晴らしく人々を楽しませもした。 人々が集う劇場、民衆が見守る中 一人で人々をまるで試すかのように,あるいはにらみつけるようにしてたたずむという光景はなんとも脳裏に焼きつく映像だ。 
 話は過去に遡る、それは彼の少年時代のこと。 身分違いの恋、それを認めようとせず二人を力で引き裂こうとうするものたち、そして主人公が“イリュージョニスト”になるきっかけとなった一人のイリュージョニストとの運命的な出会い。 彼の恋もまた運命と言ってもよいだろう。 二人の恋人たちは時を経てもなお…。 イリュージョンは人の目欺き,人々をあっと驚かせるもの。 彼のなす技はイリュージョンというより魔法そのものと言っていいのかもしれない。 彼の右に出るものなど果たしているのかどうかと思うほどパーフェクトだった。 人々は歓声と驚愕の色に染まるのだ。 マジックハンドのような彼の手から本当に魔法があふれでるかのよう。華麗かつ斬新と言っていい、それは主人公そのものを指し,同時に物語全体を指し示しているようだ。 物語、ストーリー構成・仕組みが“イリュージョン”なのだ。 マジックというのはサプライズの連続であり、ストーリー展開が“それ”だった。 つまり見る者がこの映画に、ないしは主人公にイリュージョンをかけられるということだ。 最初から先が見えていたのではおもしろくない。 行く先々がミステリアスであり、さらに前半をくつがえす展開が一番の見所でおもしろさ。 
 追い詰められ、さらに追い詰められ窮地にたたされようとも彼の瞳にはあせりの色というものが映し出されない。 主人公の冷静さが光る。 黒に身を包み,たっぷりと髭をたくわえ,ちょっとワイルドでセクシー、そしてミステリアスさのオーラを放った主人公を演じるのがエドワード・ノートンその人である。 彼の演じる役どころというのは“タフ”な男なのである。 斬新と冷静、常に静かで熱いコーヒー、あるいはワインを一杯飲むかのような味ある絵となっている。 予想もつかない結末、しかし温かい最後が用意されていている。 サプライズはいつもおもしろいというポイントをついている。 
 エドワード・ノートン主演のダークな雰囲気ただようミステリアス&イリュージョン映画と言ったところだろうか。 必見!
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-28 03:05 | 映画タイトル あ行

lucky number slevin

d0058606_2205647.jpg
 世の中の常識から外れたこと,逆なことなこと,裏側のことなどダレも見向きはしない。 「“仕事”の邪魔をする者は誰だろうと消す」と男は言う。 この先に待っているものを予言するかのような幕開けである。 すべての始まりは競馬。男の口ら話されるその世界ではイカサマなど当たり前。 何が何でも“勝つ”ことがすべてで負ければ地獄行き。
 主人公スレヴィンは不幸続きで最悪な状況にあった。 しかし当人は落ち着いている。 そんな彼にさらなる不幸、いやむしろ逃れることのできない事態が彼を襲う。 人違いからギャングに協力することになったスレヴィンは事態よりいつも冷静。彼の頭のキレのよさ驚きの二文字。 そして彼の影にひそむ謎の男,二つに分かれ対立したギャングのボスたちの駆け引きが繰り広げられる。 
 それぞれ孤島のようなアジトの中で閉じこもるギャングのボスたち、憎しみあった両者の静かなる戦い,いがみ合いにスレヴィンはどう生き抜いていくかが見所。 次第にあきらかにされていく真実、終盤にかけてのどんでん返し、まさかの展開。 人物の最初のと最後の変貌、そのどんでん返しとはサスペンスだけにブラックじみたものだった。 しかしその結末は満足度の高いものとなることだろう。 すっきりとしていて最高 なラストが待っている。 最後に近づけば近づくほど興奮が高まり,真実がすべて明らかにになった瞬間 これほどまでのものだったのかと驚きと同時におもしろさやこの作品への思いがぐっと 高まるのである。 ギャングなどの悪の手下たちの中にはやはりお笑い担当がいるのがお約束ではあるが、シリアス一色のストーリーの中にあるというのはひときわおもしろいもので、“アメリカ”のスーパーヒーローの名がちらりとでた瞬間、これはおもしろいと笑みがこぼれてしまう。 このような小ネタというのは聞いているとおもしろいもので、時に豆知識にもなる。 よく耳をすまし、よく見ていると発見が多いし、知ることもできる。 やはり映画には“笑い”が必要なのだ! 
 メインキャストにはジョシュ・ハートネット、モーガン・フリーマン、ブルース・ウィルス、ルーシー・リューなど豪華キャストがいて、彼らが演じる人物の誰もがクールで頭のキレる人物である。 スレヴィンの影で動く謎の男(ブルース・ウィルス)が最高にかっこいい! オープニング、エンディングともにクールなものである。 まさにエキサイティング な作品だ。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-27 02:55 | 映画タイトル ら行

★☆アメリカ・レポート☆★

 三週間のアメリカへの旅が終わりましたのでここでお土産がわりにカリフォルニアにあるサンフランシスコをはじめとする街並みをご紹介したいと思います。

d0058606_13325140.jpg
 ゴールデン・ゲイト・ブリッジです。記憶が定かではないのですが、一番高くなっている柱の部分の高さが20メートルくらいで、橋の長さは数千メートルくらいだと思われます。天気はあまりよくないですが海が蒼くてきれいです。 蒼い海にかかるゴールデン・ゲイト・ブリッジ、ヨットとなかなか絵になる光景が見れました。 アルカトラズという昔,刑務所で今では観光スポットとなっている島も遠目で見れます。 ちなみにアルカトラズ島へはフィッシャーマンズ・ウォーフから船が出ていてけっこう人気のようです。

d0058606_1343889.jpg
 カリフォルニアのオークランドにあるオリンダという町です。 主にこのあたりに滞在していました。 山のようなところもあり、わりと静かな町です。日本で言う東京の下町といったところで、緑もおおくとても落ち着ける場所です。 サンフランシスコへもさほど遠くないところにあります。

d0058606_13463724.jpg 
 サンフランシスコの町にはビクトリア様式の家がまだ多く残されており、一つ一つがとてもつくりがこっています。海外ドラマ「フルハウス」で見られる感じの家々がたくさんです。 ただ最近では新しくこの様式の家が作られることがあまりないようです。一言にビクトリア様式といっても,色使いからカタチまでが全然違うものもあれば同じに近いものもあります。叶わずとも,いずれにしても一度は住んでみたいところです。

d0058606_13514873.jpg
 これはフィッシャーマンズ・ウォーフのショッピング・モールにあるチョコレートのお店です。ケーブルカーのチョコレートや、その場で食べれるチョコレートなど様々なチョコレートが店頭に並んでおり,買うのに迷ってしまいそうなくらいです。 フィッシャーマンズ・ウォーフに来たときにはぜひ行ってみてください。

d0058606_1358469.jpg
 オリンダの町から少し離れた場所で開催されたアート&ワインフェスティバルです。先日の記事に書きましたがいろいろな芸術やワインを多く見ることができます。フェスティバルの会場も屋外とあってとっても広いです。出店も多くでており,近くにあるお店ではセールがやっていたりとかとてもにぎやかでした。子供から大人まで楽しめるアメリカのお祭りで。 ロッククライミングなど,アウトドアの体験ができるブースもありました。 

d0058606_1433816.jpg
 オリンダから遠いところにあるウォルナッツ・クリーク(コンコードという町よりの)という町です。大きなデパートや、大きな服のお店など町全体がショッピング・モールのような場所です。ここはショッピング・モールのゲートです。

d0058606_1410242.jpg 
 これはクォーターのコイン・コレクションの一部です。 山脈の絵柄がコロラド、宇宙飛行士と地図があるのがオハイオ、F1の車のようなものある絵柄がインディアナ、湖と手前に背の高い木が書いてある絵柄がオレゴン、橋がある絵柄がウェスト・ヴァージニア、船の絵柄がヴァージニアのコインです。

d0058606_1419896.jpg
 ウォルナッツ・クリークにあるシーズ・キャンディーズというチョコレートなどが売られているお店で購入したハロウィンのチョコレートです。 お店じたいはこじんまりとしていますがとても美味しいチョコレートです。 今はハロウィンが近いのでハロウィンにちなんだチョコレートがたくさん売られており,どれもとても可愛いです。 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-26 14:23 | インフォメーション

帰国。

サンフランシスコより帰って参りました~ とても良い場所でした。
自然も建物もとてもきれいで、まだ見たりていない気がしてなりません。 この旅では
買い物ももちろんですが、ちょっとしたジェットコースター気分の味わえるケーブルカーに
乗ったり、映画を見たりとのんびりした毎日でした。

はまっていたのがクォーター(セント)のコイン集め。 コインの裏を見ると
州ごとに絵柄が違うのでそれをどうにしかしてコレクションしていました。オハイオ~ヴァージニア、フロリダなどかなりの量をゲッツしました。 中々おもしろいものです。 ちなみに鷲の柄は
一番古いもので、50セント(コイン)においてはほとんど出回っていないとか。 

アメリカに行って思ったのがやはり日本の物価の高さ。 アメリカでは高いものもあるけれど
基本的に普段よく使うものだとか全然安いのでびっくり。

また行けたらいつか行ってみたいものです。
向こうで見た映画や、この旅のことの記事は後々アップできたらと思います。

―アメリカ・レポートに書けなかったことを一つ。 
日本ではあるかどうかはわからないけれど、“アート&ワインフェステバル”なるものが
ありました。 “アート”とあって絵画などの芸術作品が数多く展示されていて
それにプラスしてアメリカンな縁日も見ることができました。 ワインの展示も目白押しでした。

 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-25 21:22 | インフォメーション

アメリカ生活③

 こんにちわ! アメリカ・レポート第三回目です!!
先日、サンフランシスコ見学に行ってまいりました。 ショッピングをしたり様々な
観光スポットに訪れました。 ゴールデン・ゲイトパークは世界で
一番大きい公園とのこと。綺麗な花々が咲いており、緑がとっても多いです。
近くにはビクトリア様式の家々がたくさんありました。 買うには○億円くらいかかるとか。
アメリカにはたくさんこういった古きよき時代の家々がたくさん残っていて、また
古い建物をリサイクルするという習慣があるそうです。 日本も最近、
このアイディアを実践し始めてるとかいないとか。

フィッシャーマンズ・ワーフにはあの有名なカニの看板やオブジェみたいなのがあったり
アシカがたくさん見ることもでき、アルカトラズ島に行く船も出ています。
ショッピングモールも最高です。チョコレート屋や、スポーツ用品などなどバラエティ
豊かです。 サンフランシスコお勧めスポットになります。

ケーブルカーにも乗りました。 日本ではあまり考えられないような
急な坂を上ったり下ったりします。 車窓から見る景色は最高です。

ユニオン・スクウェアというスポットでは有名ブランドがたくさんあり、また,わりと
安い値段で服が買うこともでき、日本にもあるバス・グッズの
お店もあります!!
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-16 07:45 | インフォメーション

アメリカ生活②

 こんにちわ、みなさま。 久々の更新です。 アメリカに来てから「ラブ・ジェニス」というサンフランシスコのミュージカルやサンフランスコのユニオン・スクウェアというところで買い物をしたりしました。 macy*sという日本でいうマルイのようなデパートを見てきました。 家具やwomens, mensの両方のおしゃれな服などいろいろです。

 また、アメリカの映画館で映画も見たのであとでアップできたらと思います。

 ちなみに、今週はサンフランシスコ・ツアーに行って参ります。 ケーブルカーなどサンフランシスコの有名どころを見れたらと思います。

 ではでは またできたら更新できたらと思います。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-12 07:38 | インフォメーション

アメリカ生活。

 こんにちわ! アメリカのパソコンよりブログを更新してます! 今回は映画をはなれて,早速、ご報告します!

 この間の日曜日からアメリカに滞在中です。 サンフランシスコで毎日を過ごしていて、今日でこっちの時間にして三日目になります。 サンフランシスコの気候は朝夕わりと涼しく、昼間は日差しが暖かいです。 昼間の気温は日本と同じくらいのときもある。 一日目はサンフランシスコで有名な場所に行きました。 そのひとつがゴールデン・ゲイト・ブリッジ。 ゴールデン・ゲイト・ブリッジのある海はとてもきれいで絶景です。 来週にはもう少しサンフランシスコの町を見てくる予定で、ドラマ「フルハウス」で有名なスポットを見ていくこととなるかと思います。

またご報告できたらと思います! ではでは。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-06 08:20 | インフォメーション