どろろ

d0058606_2304789.jpg
 漫画が実写化されるというのは珍しくはない、今回手塚治虫原作の「どろろ」が実写の映画となったように「鉄人28号」など過去から現在へとやってきてものも増えつつある。 良きものは時代が変わろうともそれ自体は変わらずにいる。 ここ数年一気にこのブームが到来した。 けれどそれ以前に既にあった。 ハリウッドでは主にアクション系が多い。 「スーパーマン」から「X-MEN」まで様々である。 日本と言えばジャンルが分かれていてコメディだったりシリアスなもの、恋愛ものなど幅が広い。 ここがアメリカと日本との大きな違いであろう。 日本で見られるこの現象はやがては日本映画の強みになることだろう、あるいはもうそうなっているかもしれない。 
 「どろろ」はアクションであり深いテーマを持っている作品。 しかもその物語を築き上げたのが手塚治虫となると実写化はとても期待で胸がふくらむことだろう。 実際,その期待は裏切られることはなかった。 単に親子の話というわけではなく,「生きる」ということがテーマとなっている。 命はあるもののどう生きていけばいいのかということがわからない主人公は旅を続け,仲間と出会うことで生きる目的が見えてくる。 失われた人間らしい心も少しずつ取り戻されていくのだ。 
 未来か過去か、どこかの時代で戦乱の世がこの話の舞台で特定はない。 醍醐景光という名の男がいた。 彼は誰にも負けない力を欲した。 どんな戦にも負けない強大な力を得るため魔物たちと契りを交わす。 もうすぐ生まれてくるわが子の48箇所の体の組織と引き換えに。 体の48箇所を失った景光の息子・百鬼丸は寿海という呪医師のもとに渡り,その男に失われた体の部分を与えられた。 二十年の月日がたち, 百鬼丸は魔物たちに奪われた自らの本当の体を取り戻すために戦いの旅に出る。 旅の途中、ある盗人と出会う、どろろである。 百鬼丸は彼女と出会うことで生きる力を得、笑顔と心を取り戻していく。 彼らの目指す先には百鬼丸の父親、景光がいる。 
 両腕の内側に刀を持ち,魔物たちを倒していく百鬼丸はとてもクールである。 腕の先には刀があって,それを自在にあやつり戦う、そして斬った後には鞘ではなく刀に腕をおさめる。 とても斬新である。 魔物を倒すたびに体が取り戻されていく,その瞬間一つ一つがとても印象的である、またそれ以上に百鬼丸が人間らしい心と生きていく力も取り戻し、感情がだんだんとでてくるという課程もまた心に残るところである。 「生きる」というテーマがまさにそこにあると思うからだ。 様々な力を持った魔物たちと戦う、そして体と心とを取り戻してくというこの二つの要素があるからこそその魅力を実感できるのだと思う。 また、それらが行き着く先、主人公(百鬼丸)が最後にえるものが強く胸に刻まれる。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-24 02:50 | 映画タイトル た行

ドリームガールズ

d0058606_19441632.jpg
 1981年、ブロードウェイで初演された「ドリームガールズ」はその時から20年以上の月日を経て映画というエンタテインメントの世界で新たなステージライトを浴びる。 60年代70年代を舞台に同じ夢を見る三人組の夢を実現するまでのプロセスを描いている。 パワフルな歌声とソフトな歌声とが競い合っているかのよう。 だけど相反する二つの音の領域が最高にこのエンタテインメントを華やかなものに彩っている。 ステージで“ドリームガールズ”たちが歌を奏で,また皆が,感情のこめられた歌を熱唱する。 歌で気持ちの強さがありのまま表現されているようだ。 美しい歌声とパフォーマンスでドリームガールズはステージライトのまぶしい場所へと確実にステップを進めていく。
 ディーナ、エフィー、ローレルの三人はドリーメッツというトリオである。 三人はいつか華やかなステージに立ち,歌を歌うこと、プロになること夢見ていた。 アマチュアの大会で夢に挑戦するドリーメッツ、だがそこでは始めから自分たちにはチャンスというものがないことを思い知らされる。 勝利をおさめることもなく、彼女たちの夢は閉ざされたかのように思われた。 しかしその大会を見ていたある男がいた。 中古車会社を持つカーティス・テイラーJr.である。 ドリーメッツは彼女たちのその後に大きく変える運命的な出会いをする。 運命的な相手こそがカーティスその人だったのである。 彼は三人に夢の実現を約束する。そしてバックコーラスから始まり,独立し「ドリーメッツ」から「ドリームズ」と名を改め,デビューへと道を歩んでいく。 しかし夢のようなことばかりではなかった。 彼女たちを待っていたのはショウビジネス界の厳しい現実だった。 やがてかつてはリードボーカルであったソフィーと他のメンバーとの間でわだかまりができてしまう。
 夢を実現させるためには何かを犠牲にしなくてはならない、また成功するためには実力よりもルックスが優先されてしまう現実。 そのたびに失われるものがある。 主人公たちが生きていく世界には「まさか」と思うようなことがたくさんある。 しかしこの風景は紛れもなく真実のなのであろう。 
 ドリームズから去ることを余儀なくされたソフィーは一度はどん底に落ちてしまう。けれどそこで終わることなくまた自分の道を歩み始めるというドラマ的な部分がある。ソフィーは自らの力に自信があった、けれどそれを十分に発揮することができなくなってしまった。 最初,わがままで自分しか見えてなかったかもしれない、けれどとても共感できるところも少なくない。 意欲があるのにそれを認めてもらうことができない、そして自信を持って取り組み,これからという時,突然夢の実現が阻まれてしまうというところである。 
 「夢を実現させるということとはなんなのか」ということが問われ,また60年代70年代のアメリカの姿と音楽業界の姿がここで映し出されている、そう私は思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-22 19:45 | 映画タイトル た行

カラオケ☆バトン。

d0058606_15461869.jpg
さんよりいただいた「カラオケバトン」です!!

カラオケはたまに行きます、いつも歌えるかどうかではなく
とにかく知ってる曲をバンバン入れて、
ぶっつけ本番で歌ったりします。

ではでは早速、バトンスタート☆☆

More
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-18 16:07 | バトン

幸せのちから

d0058606_17431136.jpg
 「希望を捨てなければいつしか成功をつかめるときが訪れる」、 これは夢のような話と思えるかもしれない。 夢と思ってしまえばそれまでかもしれないが、けれど真実の言葉なのである。 それは実話であるからこそ説得力がある。 観る者の心に伝わってくるのだろう、また自らも頑張ろうという気持ちにさせてくれる。 どんな苦境にさらされても主人公クリスの息子クリストファーへの愛は変わらなかった、その経緯は彼の生きてきた環境が物語っている。 父親の愛と親子の絆の物語である。
 クリスは医療機器を販売するセールスマン、彼が売るのは骨密度を測れる優れものであるが
その贅沢さゆえに値が高く中々それを購入しようというクライアントはおらず二人の家族を養うのはとても困難だった。 そのため共働きをしなければならなかった。 そして生活も厳しくなっていき、クリスのビジネスも中々成果をあげられずじまい。 ついにはクリスの人生のパートナー(リンダ)も彼のもとから去ってしまう。 彼はクリストファーを手放すことだけはできなかった、父親のいない自分と同じ人生を息子に味わって欲しくなかったからだ。 息子のため自分のため,彼は汗して働くけれど,どん底へと追い込まれていってしまう、しかしある日高級車にのった男に出会い学歴のない自分にも企業へ就職するチャンスはつかめることを知り,クリスは歩みだした。
 日々働き普通に暮らしてきた生活からお金もなく絶望的なくらいの状況に陥ってしまう。 けれどクリスは少しでも残された可能性にかけ,クリスファーへ愛情をそそいでいた。 持ち前のユーモアと頭脳で仕事をえるための挑戦をし、息子への愛こそが彼をどんな困難からも救い,切り抜けていけられたのだと思う。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-17 18:34 | 映画タイトル か行

カーズ

d0058606_1612914.jpg
 仲間がいることの大切さを知らない一匹狼ライトニング、彼はレーシングカーでレーサーである。 ルーキーとして自信に満ち溢れるライトニングはその走りやスピードは誰にも負けないと信じていた。 チームメイトに頼ることもせず,ただ光の中で輝いていることを考えていた。 レースに出て勝利をおさめることがすべて。 ライトニングには心から友と呼べる仲間はいなかった。 レースで勝ち残った彼は優勝を決める大事なレースが控えていた。ライトニングは決勝戦が開催されるカリフォルニアに向かう道中、「ラジエーター・スプリングス」という小さな田舎町に迷い込む。 何が何でも目的の場所へ急ごうとあせるあまりアクシデントを起こし,町の道路をめちゃくちゃにしてしまう。 ライトニングは道路を自分で直すまで足止めさせられる。
 全てのキャラクターが乗り物であって生きている。 車たちが主役。 地上が舞台なだけに人間の社会がほぼそのまま形で乗り物が生きる社会になっている。 乗り物たちが動きまわるのこの世界は全体を見渡すと人間社会のように見える。 車仕様のところ、車の世界ならではと思える部分もあっておもしろい。 人間の生きる社会が動物や魚などの生き物、また車の世界で描かれているという発想、そしてそれぞれの世界ならではの個性がちゃんと活かされていてその一つ一つを発見していくのもまたおもしろい。
 時代の進歩で新しく便利なものが作られて閑散としているルート66のラジエーター・スプリングスの町、しかし町の住人たちはみな,温かく優しい車だった。 また明るさを失ってはいない。レースで勝つこと、自分のことにしか目がなかったライトニングは車の温かさを知り、そして仲間のいることの大切さやありがたさを知る。 一人ぼっちだた彼は本当の意味での仲間と出会い、他人を思える車として成長していく。 そして「勝つこと」が全てではないこと学ぶのである。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-11 17:27 | 映画タイトル か行

それでもボクはやってない

d0058606_2412585.jpg
 考えさせられ、また“知る”ということで非常に学ぶことのできる映画である。 ただ映画を見て単純に楽しむものではなく、現実を一つ知ることが重要。 「裁判」の姿をリアルにこだわり,追求されていて、とても身近なことが取り上げられている。 やってもいないことで疑われ、無罪なのに有罪へと導かれてしまう。 罪に問われ罰せられる可能性は非常に高く、その反対である確率はほぼ無といっても過言ではないだろう。 しかしゼロではない。 日本の裁判のシステムの姿がここにある。 映画では冤罪,無実の罪をきせられることが大きく描かれている。
 金子徹平は会社の面接を受けに行く途中だった、その最中電車を利用していたが女子中学生に袖をつかまれる。 彼は中学生を精神的に苦痛をあたえるに値することをしたとしてその中学生自身に現行犯逮捕される。 徹平は何がなんだかわからず事態がはっきりとつかめない。けれど見に覚えのないことで訴えられた。 自分が何もしてないというのは紛れもない事実、だから案ずることはないと信じていた徹平だがそれは全く違う方向へと進んでいった。 自分の意志が伝わりにくい明らかに不利な状況下にあって真実を主張してもそれは偽りとして受け取られてしまうという徹平自身にとってもとても辛い局面に陥ることとなってしまう。 「一体、なぜ?」という言葉が絶えない、けれどこれが本当の一つの裁判の実体なのだと思い知らされる。 不利な状態でどう戦っていくかも見ておきたいところだと思う。 「裁判とはなんなのか」ということが取り上げられている。
 何かがおかしい、けれどそれが実際なのだと思うとやっぱり恐ろしい。 裁判では様々な質問が浴びさせられる、その質問の種類は様々であるがそこでは発言がモノを言う、下手に動くとますます自分を不利に追いやってしまうという緊迫が続く重い空気は晴れない。 もちろんそれは罪の疑いがかけられたその瞬間から始まるものである。 被害を訴える側も精神的ダメージを与えられるけれど、冤罪であることは自分でも感じていて,現実では有罪であると主人公を追及してくる人々に疑われ続ける側にも苦労と苦痛があるのだということがよくわかる。 どうしたらそういうことを導かせてしまうのだろうかと観ている側も考えさせられる。 このおかしな日本の裁判のシステムを作品の中だけでなく,観る側もふくめて共に考えようというのが特徴である。
 信じていることへの期待がだんだんと崩れていく、罪があると言われ続けるが真実を知っているのは自分しかいない。 その強い精神が主人公自身を支え続ける。 結果はどうあっても,ずっと信じ,不利でも屈指さえしなければ可能性は消えたりはしない。 すべてを完結させることではなく、厳しさを知る知識を広めることや現実を見るというのが大切なことである。 人を裁く代表的な機関である裁判所、人が人を裁く場所なわけだがこの物語では観ている側にもそのことについて今一度考えることが大切だと言っているのではと思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-06 01:02 | 映画タイトル さ行

MIB-Men In Black-

d0058606_18175673.jpg
 “ゴースト・バスターズ”ならぬ“エイリアン・バスターズ”と言えるのではないかと考えられるのが「MIB」であろう。 宇宙からやってきた生き物たちを取り締まる機関で宇宙と地球とが通じる場所というべきだろうか。 “宇宙の玄関口”とも言えそうだ。 “Men In Black”、人々にほとんど知られていない組織である。 彼らは一般人たちの目に触れることがあってもほどなくして人々の記憶から消える偶像の産物なのだ。 彼らは“MIB”に勤めることで自分の存在を証明するものを消され、影となる。 そして黒いスーツでその後一生身を固めることとなる。
 地球には人の姿をかり,人間のように生きている宇宙人たちが大勢いる。 それを常に監視するのがMIBの仕事の一つ。 ある日宇宙人たちがこぞって恐れをなして逃げ出すという事態が起きる。 それは地球を巻き込み,恐ろしい戦争が起きる兆しであった。 “銀河”という未知なる力が秘められているものが地球にあり,それを狙う恐ろしきエイリアン、“銀河”をめぐっての戦いと追跡が始まる。 MIBに導かれその一員となったJと、ベテランの“MIB”のKとがその前線に立つ。
 人々にエイリアンのからんだ事態を目撃されるのは避けられない、そのたびにそれを処理し、なかったことにする。 Kがその一連の作業をするのがなんだかおもしろい。 ウソっぽく聞こえることを淡々と話すのがユーモアに見える。
 さらにエイリアンたちにまるで部下に叱るかのように忠告するなど、この作品では“MIB”とエイリアンとのコミュニケーションがコメディチックに描かれている。 友好的に見えるところもあっておもしろい。
 JとKとのやりとりもおもしろい。 とてもコミカルだからである。 Kを演じるトミーリー・ジョーンズはここでの印象が強く残ったのか、日本ではこの映画を思い起こさせるようなコマーシャルがあり,これまたおもしろい。 また、J役のウィル・スミスもこの作品でより,コミカルな演技がおもしろいコメディアクション俳優としての地位を確立したと思える。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-05 18:15 | 映画タイトル ま行

オールド・ルーキー

d0058606_18445951.jpg
 夢を持つことの大切さを教えた主人公、その人自身がそれが一番必要であったことに気づかせられる。 夢は一度挫折しようともあきらめさえしなければ必ずチャンスは再び訪れるのだ。 あきらめてもならないし、投げ出したり逃げ出したりもしてもいけない。 後悔とその苦い思いだけが永遠心の中に残るのだから。 未練さを残すくらいなら自分を信じ歩み始めることが一番である。 まさに夢の実現までの実話から生まれたヒューマンドラマなのだ。 
 大好きな野球に専念することができずに育った少年時代、それでもジム・モリスは一度はプロとしてマウンドが肩の故障のため挫折する。 プロから離れ、何年もたった現在は高校の教師でそこの野球クラブのコーチを務めていた。 ジムには野球が好きでいつもコーチとして野球部員たちを指揮する父親の側にいる息子ハンターがいる,そして彼は三人の子供を持つ父親でもあった。 中々勝利をおさめることのできないジムがコーチをするアウルズに彼は“夢を持つこと、そこから逃げ出さないこと”を部員たちに熱く語る。 しかしジム自身こそがそうであることを知る。 ジムがピッチャーとしての腕がプロを引退した今も鈍っておらず,その才能が生きていることを知った部員たちは自分たちが地区優勝することを条件にジムにもう一度夢を実現させるために野球選手になることを薦め,約束をむすぶのだった。


続きは後ほど・・・
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-04 19:20 | 映画タイトル あ行

キングコング

d0058606_1151857.jpg
 「指輪物語」をスクリーンに映し出したピーター・ジャクソンの映画の魔法で「キングコング」が21世紀に甦った。 スケールも高く,映像も迫力満点! 映画の技術が発達しつつある今,この物語を再び描くというのはとても見ごたえがある。 モンスター・パニック的な部分も大きいがこれはキングコングと一人の女性を主点とした切ない物語である。 人は身を守るために武器をとり,また珍しいものを人の目にさらしたがる。 登場人物の一人,カールの言葉に「世界にはまだまだ不思議なものがたくさんある」とあるようにその点においては今のこの世にも言えることであろう。 不思議なものへの探究心ははかりしれない、危険をおかすことになろうともその領域に足を踏み入れずにはいられない。 そんな欲が滅ぼされるべきではない命を滅ぼすことになってしまう。 主人公アンとキングコングの心のつながりが描かれている。
 映画のプロデューサーをするカールは映画命の男であるが、そんな彼の運もつきかけていた。 予算をつぎ込みにつぎ込むがそれは報われることもなく見捨てられたも等しかった。 それでもあきらめのつかないカールは映画をとるために女優を起用することにまず目をむけコメディアンの女優をスカウトし,脚本家も連れ,強引に映画の撮影のため船に乗る。 彼が目指すは“髑髏島”。 生きては帰れない危険度大の幻ともいうべき島へと向かう。 そこで彼は映画をとろうと考えたのだ。 島には多くの危険と大きな恐怖とがあり彼らを待ち受けていた。 主演の女優として選ばれたアンは“キングコング”と出会う。
 未知の世界、人々が去り,数百年前の過去から時が止まったその島で今や外から訪問者を近寄せつけない領域と化していた。 長い年月,人の手のくわわることのなかった大地では虫でさえが脅威そのもので人一人ではたちうちできないという,人が無力でしかない。 そんな危険そのもの世界においてもカールの自らの映画への執念深さは髑髏島の“巨大さ”くらい並々ならぬものである。 人に知られていない世界を追求しようという考えの中には説得力のある部分も見受けられる、しかし彼の野望はふくらみ異常にまで達する。 そして生まれる必要のない悲劇の種をまいてしまう、そう思えた。 
 “キングコング”には感情がある。 孤独であることに耐えられず恐れられるものになってしまったという人間的とも感じられる。 また、自分に立ち向かい向き合ってきた相手にキングコングは自分を孤独をとくものが見えたからこそ人に心を開いたのかもしれない。 人に近い生き物であるということも言えるだろう、人が感じることをキングコングも同じように感じ,理解ができるのだと思う。 アンが感じるものとキングコングの感じるものとがつながった瞬間、アンの自然への価値観が伝わった瞬間に美しさを感じずにはいられなかった。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-03 01:37 | 映画タイトル か行

トランスポーター2

d0058606_1134469.jpg
 自らのルールを決め,それに従い生きるプロフェッショナル。 依頼人からさ授かったものは何であろうとも黙って送り届ける、またその中にあるものを見ることもない。 依頼を確実に遂行することこそが主人公フランクのルールである。 つまりは“運び屋”、漆黒の車で動くフランクはドライブ・テクニックもさることながら肉体的な能力にもたけている。 今回は運び屋ではなく戦うクールなヒーロー的な部分が大きいかもしれない。 前回に引き続きタルコー二警部が見方として登場し、また主人公の無言のアクションも光る。 黒いスーツで身をつつみ寡黙に依頼を全うする。
 依頼品はものではなく6歳の少年。 依頼じたいも少年(以下、ジャック)を無事学校から家まで送り届けるという運転手としての仕事であった。 しかしそれは自分はおろか多くの人々を危険に陥れてしまう危険なものへ変わってしまう。 フランクは“ジャックを守る”という依頼を,また危険が広まることを阻止することを心に固く誓い戦う。 危険とは人を死に追いやるウィルスが次々と感染してしまう恐れがあるという脅威。 その脅威をふりまく敵もまたプロ、中々手ごわい相手である。 フランクは休暇でフランスからマイアミに来ているタルコーニ警部の力を借りつつ一人,敵の一味の中へ乗り込む。 
 1でフランクにとってあなどれない相手であったタルコーニ警部とは友とも敵ともいえない不思議なつながりが続いていた。 そして今度は主人公のサポート役として活躍する。 とはいえ彼の登場する場面はわりと少ないのだが、キャラクターの印象はとても滑稽のようでおもしろい。フランクの手のうちをわかっているのかどうかというきわどい線でフランクに接触し,真の髄をどこかで知りつつも彼に刃を向けることもない。 前回そういったポジションにあり敵とも言えそうな立場であるのだけれど、敵らしい部分はない。 古畑任三郎の性格を連想させるものがある。 
そのタルコーニの味はそのまま2でも感じさせられる。
 

続きは後ほど・・・
[PR]

by jd69sparrow | 2007-02-02 12:20 | 映画タイトル た行