<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

デジャヴ

d0058606_3513440.jpg
 初めて経験したはずなのにそんな感じにさせない、不思議な現象こそが“デジャヴ”。 それは脳内に起こる異常なのかそれとも過去の記憶の断片が過去に起こったことと似た,あるいは同じことが目の前で起こることによってその記憶がその人の無意識の中で甦えさせられたということなのだろうか。 謎につつまれている。自分の頭の中と自分の目の前とでその現象は起こるのだ。 知るはずのないことを自分は何故か知っている,知っていると感じている。 デジャヴという現象そのものよりも自分自身に不思議を感じ,恐怖さえ覚えるかもしれない。  
 “デジャヴ”が取り上げられているものはいくつかあるらしい。 デジャヴじたいが主題でないけれどそれがうかがえるものがある、その例として「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」があげられると思う。 ヒロインは主人公と共に遺跡を探るためにその場所へと赴き,その場所 エジプトの遺跡の場所の構造を何故か知っていた。 その秘密はエジプトにまつわる歴史、遠い過去に隠されている。 人は生まれ、そして死ぬ。 人は死を迎えるとき、その記憶をどこかにとどめたまま魂は次に生まれる者へと受け継がれる。  しかしその記憶を開ける鍵は簡単に開くことは何かのきっかけなしにはありえないことと思う。 意識的に思い出すということはないのだから。
 この物語では限りなく近い過去と現在とが取り上げられている。 時間の軸、過去から現在、そして未来へとつながる時間のサイクルが鍵。 過去と現在との不変の関係とその二つにおける事実、主人公はその変えることのできない時間の壁の越えていく。 そしてこの映画では“デジャヴ”があちらこちらに散りばめれている。 
 2006年アメリカ・ニューオリンズ、500人もの乗船客を乗せた船が出港した。 人々は皆、これから始まろうとしている船旅に期待をふくらませ,そこは笑顔で満ち溢れていた。 しかしその楽しいはずの船旅は一瞬にして天国から地獄へと化した。 船からは爆音が響き渡り、その爆発とともに船に火がたちこめ,炎につつまれ,大勢の人々の命が失われる。 事件性の高さは明らかであった。 事件直後、現場にかけつけた捜査員ダグ。 彼は仕事に生きる男、彼の捜査から導き出されたのは爆発の事件とは別のもう一つの事件であった。 爆発事件とは別に何物かによって命を奪われ,変わり果てた姿となった見ず知らずのクレアという女性であった。 その後、事件の謎の解明のためのチームに加わったダグはモニターを通し,事件前の映像を目にし、やがて驚くべき真実を知る。 そしてクレアを救いたいという思いに駆られる。
 まず言えることは映画を見終わった後もおもしろいということである。 それは物語で語られたことについて考えをめぐらせることである。 つまり、どうしてそういう話の流れとなっていったのかと推測をたてたり、(映画の)さらに詳しい情報をえることである。 そこで導き出せる答えや初めて気付くことがあるからだ。 謎が一つ解けるたびにおもしろさも増してくるのだろう。
 物理的に過去を変えるというのは不可能。 それは物語を追っていく中で身にしみてくる。 けれどそれは不可解なできごとの謎を明らかにするもの。 そうした仕組み、また主人公たちが行き着く場所、たどる運命というのも(作り手により)とても考えられていると思った。
 
 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-30 02:16 | 映画タイトル た行

七色七曜ムービーバトン

Sweet*daysnon_non21様よりいただいた「七色七曜ムービーバトン」です。
私も“虹の七色”にしぼってチャレンジしてみたいと思います。

ルール:
1.虹の七色 赤・橙・黄・緑・青・藍・紫にちなんだ映画をあげてください。
題名にその色が用いられていればいいですが、「あの映画のあの場面のあの色が
忘れられない」でもOKです。
2.七曜・・・すなわち、日曜日~土曜日にちなんだ映画をあげてください。

More
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-27 02:46 | バトン

ホリデイ

d0058606_046254.jpg
 この作品に惹きつけられたのは偶然か必然かはわかないけれど同じ人が築き上げた作品を以前見たことがある。 それは「恋愛適齢期」である。 これは恋を始めるのに年齢なんて関係ない、人生は出会いに満ち溢れていて例え恋とは離れてしまっても必ずチャンスはおとずれるという話で後者は「ホリデイ」に通じるものがあると思う。 どちらにしても恋をしたくなる気持ちにさせてくれるというパワーを持った映画である。 こんな出会い方もあるのだと知ることができるとても素敵な映画である。
 二人の主人公、アマンダとアイリス。 ロサンゼルスとロンドンという互いに遠く離れた場所で暮らすビジネスウーマン。 アマンダは映画予告編をつくる会社を持ち働くバリバリの仕事人間、アイリスは新聞社で勤める“働く女性”だ。 二人に必要なのは“休暇”であった、というのも二人ともが辛い失恋をしてしまったからである。 いずれも各々の愛の相手は薄情で二人の幸せは一瞬にして崩れてしまった。 同じ境遇にある二人。 ある日、イギリスにいるアイリスは“ホーム・エクスチェンジ”のサイトに広告を出し,そこで出会う。 心のリフレッシュを求める二人はその広告を通し,お互いの家と家にあるものを全て期限つきで交換することに。 環境を変え,そこで二人はそれぞれの新しい出会いと自分の発見をするとともに本当に必要としていたものにめぐり合うのである。 
 片方は広々とした空間に充実した設備の整い,退屈とは無縁な贅沢を楽しむことのできる家、もう片方は都会から少し離れた田舎町にある古くから愛され続けたと感じさせるメルヘンチックな家。 どちらも誰もが憧れるような、また住みたくなるような家といえよう。 広くて必要なものななんでも揃っていて,家にいるだけでも楽しく快適な暮らしができるところ、また小さいけれど温かみのある場所で穏やかでのんびりとした生活の楽しめるところ、生活の楽しみ方というのもそれぞれが違う。 イギリスのこのような家は古くから壊されることなく長い間使われ続け、また家でなくてもお店でも一度も(全体が)建てなおされることなくその場所にあり続ける。 こうして使う目的が変わったとしても長く使われ続けているという建物はイギリスだけでなくアメリカにもそうしてリサイクルされた建物があると聞く。 こういう時勢だから前からあるものがなくなり新しいものがそこに作り上げられるのはしょっちゅうである。 だが、少しでも昔からのものを残そうという姿勢は素晴らしき伝統だろう。
 家を交換するということはそれぞれの生活を交換するということ。 “ホーム・エクスチェンジ”というシステムは日本では聞きなれない言葉で実際映画を見て始めてこの存在を知るという人も少なくないはず。 おそらくその国の中でも行うことのできるものかもしれないが、こうして海を渡りそれぞれの持つ家と環境を休暇を楽しむとまのひとときの中で交換するというのは一体どんな気分の味わえるものなのだろうか。 映画を見て、とてもわくわくさせる楽しいものであると感じさせられる。 引越しをして生活環境を変えるというのも一つの気分転換だが、休みを利用して旅行にくるような感覚で始めてくる場所で味わったことのないライフスタイルを経験するのはさらに新鮮で気持ちを軽くするのに最適なことだろう。 “新しい自分の発見”というのにはとても魅力を感じる。
 思わぬ偶然が重なり主人公たちはそれぞれが求めるものにめぐりあっていくわけで現実にこんな素敵な出会いはあるのかと思うかもしれない、けれど人生というのは偶然によってできてるのではないかと思うのである。 偶然が重なりあっていく中で現実となり自分の目の前で起こる。 幸せが主人公たちのもとへとやってきたのか、それとも同じ価値観、同じ幸せを求める者たちどうしが磁石のように引き寄せられたのか。 それはその両方であるのでないだろうか。 同じ趣味や考えを持つ者どうしが友として出会うように同じものを必要とする者たちはこうして“愛”によってつながるのかもしれない。
 つまりどんなに辛い経験をし何かを失ったとしてもそれは一つの通過点にすぎない、自分の中にある数多くのものの中ものに一つ終止符をうったと言っていいだろう。 チャンスも幸せもすぐそこにあるということと言えることだろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-26 02:34 | 映画タイトル は行

ヴァン・ヘルシング

d0058606_048016.jpg
 ブラム・ストーカーによって描かれた吸血鬼ドラキュラとヴァン・ヘルシングの因縁の対決は幾度となく変化し,また進化し続けてきた。 彼らの戦いは長きにわたり続いたもののようだ。 いずれもヴァン・ヘルシングはドラキュラという悪魔の化身に対抗する正義であるけれど控えめな役どころにあったのは事実であろう。 そしてついにそのヴァン・ヘルシングの物語に光がそそがれる。 今までとつながるところの一つはヘルシングの過去や彼にまつわることは謎につつまれているということだ。 強靭な体を持つクールなモンスターハンターは神のもとに従う彼は聖者なのか、それとも冷徹な人の命を奪いし者なのか。 しかし悪に仕えしものではないということは言える。 
 ヴァンパイア、人狼、フランケンシュタインなどモンスターたちが登場する。 ヴァンパイアは野性味のあるものとして描かれ二つの姿を持つ。 人と変わらぬ姿とモンスターそのものといった姿がある。 人狼はヴァンパイアを守るものであり表情豊かな部分も垣間見られる。 そしてフランシュタインはただ「生きたい」という人々の誰もが望む希望だけを求めている。 その姿は人に等しいといえるだろう。 そんな三大モンスターたちが揃うこの物語はジェット・コースターに乗っているかのような瞬く,スリル満点の展開が繰り広げられる。
 19世紀末、トランシルバニア。 吸血鬼ドラキュラは密かにある実験を試み、野望を実現させようとしていた。 その実現の先には世にも恐ろしいものが待ち受けていることは明らかであった。 そして人々は彼らによって制圧され、人間たちの危機が一気に広がること目に見えている。 そして暗黒の色に染まり,その支配からは逃れられないといった危険はすぐそこまで迫りつつある。 一方、ローマではモンスターハントの任を命じられ、日々モンスターたちに戦いを挑むことが常な男がいた。 彼の名はヴァン・ヘルシング、彼は過去における己の罪のために神につかえる影の組織に命をあずけているも同然。 そこからの任務が送られてくる。 人々も自分さえもヘルシングの何者であるかを知る者は多くはないだろう。 その彼が今度は強敵ドラキュラ伯爵を倒すためにドラキュラのトランシルヴァニアへお供をつれて旅立つ。 ヘルシングに戦闘手段を提供し、彼の支えと言えるであろうヘルシングに武器を提供する修道僧であり科学者とも言える友を連れていくのだ。 ドラキュラを倒し,その存在に恐れをなす人々を救い,守るために。
 ホラーであり、アクションであり、冒険活劇であるエキサイティングな映画である。 ヴァン・ヘルシングと共に戦うのはドラキュラを倒す宿命を背負った一族の最後の生き残りであるアナ王女である。 何もできずに見ているだけの大人しい人柄ではなく人々をまとめる頼れるリーダーであり戦士でもある強い人である。 王女の器を持っているけれどヴァン・ヘルシングの戦いにおいての強力な味方であり(戦いの)パートナーといえるだろう。
 次々に事が置き話が展開し、常に何かが待ち受けているのではないかと話が進むにつれて期待がふくらむストーリーだ。 平凡な瞬間などありえない。 そうしてほとんど間を置かずしてアクションが起こっていくからこそ飽きることなく楽しめるのだと思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-21 02:38 | 映画タイトル あ行

バッテリー

d0058606_2356559.jpg 
 子どもの頃に抱く思いや悩み葛藤はその時にしか味わえないし、わからないかもしれない。 大人になってしまうと、また親となるとそういった子どもの気持ちというものは見えにくくなってしまうのだろう。 しかし、子どもとの向き合い方しだいで見えてくるのだと思う。 穏やかな自然の大地が(自分の本当のというわけではなけれど)「故郷」を思わせるものがあって親しみやすく,「懐かしさ」を感じさせるのも確かなのだ。 
 澄み切った青空、まわりを見渡すと緑や海が見えてくる。 新鮮でおいしい空気が漂ってくるようである。 そんなのどかな地で球が風をきる音、バットがスウィングする音、野球少年たちが声をかけあうのが聞こえてくる。 岡山を舞台にした,家族のつながり、友との友情、野球に夢中で目を輝かせる少年たちの青春の物語である。
 主人公・原田巧は少年野球で中国大会に出場した経験のある天才的な才能を持つピッチャー、自身も絶対の自信を持っている。 巧の父・広の転勤で母・真紀子の実家のある岡山へ原田家は引っ越してくる。 そこでも早速野球の自主トレーニングを始める巧、彼のピッチングを見た地元の野球少年・豪はその力にほれ込む。 豪は真紀子の友人の息子で巧たちがやってきた土地の少年野球でキャッチャーをしていた。 彼は巧を自分のいるチームに誘った。
 巧と豪の二人はピッチャーとキャッチャー,良きバッテリーのパートナーどうしとなる。 巧の投げる豪速球を誰よりも早く受け止めた豪、二人は互いにとって運命的は出会いと言っていいだろう。 出会うべくして出会った相方であって友である。 「野球」にかける情熱は二人ともが熱いものであり夢中にさせるもの。 「びゅっ」と音を立てる巧の速き球を豪がどんと構え,がっしりうけとめる。 それが静かな自然の中で響く音や二人の目の中に宿る光が印象的。 あつい信頼で結ばれたバッテリーがそこにある。
 巧という主人公はただ好きというだけの野球をしているのではない。 感情を出さず,その口からは本音が語られることは中々ない、ゆえに無表情で無愛想と思えるけれどどうしえも譲ることのできあに思いがある。 彼の中で弟。青波の存在も野球への情熱の源で理由だったに違いない。 「青波」は物語を支える鍵であり“つなぎ”。 体が弱いけれど野球への思いは巧たちと同じであった。 巧たちの野球をみて喜びを感じ,青波自身もその中に入ること夢を見ている。 そんな思いを抱く青波の目もまたまさしく野球少年の目そのものに見えた。
 少年たちが野球や友と向き合う姿、彼らを見守る大人たち、兄と弟の絆。 そんな“絵”がここで描かれている。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-20 23:58 | 映画タイトル は行

カサノバ

d0058606_1846268.jpg
 18世紀ヴェネツィア、愛に生きる男がいた。 その名はジャコモ・カサノバ,実在した人物である。 彼は生涯に想像を超える数の女たちと恋をしたのである。 恋という情熱にかられ 一度炎がつくととめることはできない。 恋の芸術家とでも言えようか。 そんなカサノバの物語を綴ったのがこの映画である。 水の都ヴェネツィアの美しい街並みをバックに真実の愛の物語が描かれる。 
 カサノバはたくさんの恋をした。 それゆえ彼はその行動ぶりから有名人であった。 胸に抱く相手は次から次へと変わりその勢いはとどまることは知らない。 美しい人を見つけると一直線なのだ。 ここで描かれる時代は厳しい社会のルールがあった、しかし追いかけられてもそう簡単につかむことができないのが彼なのだ。 追っ手から華麗にくぐり抜けてしまうというまるで怪盗のよう。 自由気ままな暮らしを楽しむカサノバであったが唯一救いの手をさしのべてくれるヴェネツィア総督に,追放をの命を免れるためにも結婚相手を探すこと言い渡される。そんな最中,彼を夢中にして止まない女性が現れる。 フランチェスカである。 彼女はカサノバとは正反対の考えと強い心の持ち主なのだ。 カサノバは自分を偽りながらも彼女へ心から惹かれてゆき,二人の間にはしだいに愛情が芽生え始める。
 「恋の多き人間というのは本当の愛を知らない」というのは本当かもしれない。 真を知らないために衝動にかられてしまう。 そしてカサノバの恋は長く続くことはなくその相手は次から次へと新しい人へと変わっていく。 彼の手中に落ちることなく,むしろそこに留まることを望まず敵としてカサノバを見たフランチェスカなわけである。 人は自分の生きてきた道を覆すような、あるいは自分の考えに反するような考えをもってぶつかってくるという相手には刺激と魅力というものを感じるということがいえると思う。 カサノバはフラチェスカにより本気で人を愛することを知る、それが自分の正体を隠してでも彼女からの愛を求めるという行動にうつさせたのかもしれない。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-16 19:31 | 映画タイトル か行

ウルトラヴァイオレット

d0058606_2359365.jpg
 「理解を超えた世界」、それがこの話の舞台だ。 近未来を描いている。 その世界というのは非現実世界のことをそのまま指すようにも思えるけれど100%そうであるとはいえない。 なぜならば未来というのは誰にも想像できないからだ。 ある程度の未来の“予測”はついてもその先にあるもの,また起こることが完全に見えているというわけではないだろうし、予測に反することは常につきものである。 だから近未来・遠い未来などいろいろと映画では描かれているがそれが現実にこれから起こらないとは言い切れないのである。 今,信じがたいことが未来となるのだから。 100年や200年,そのまた昔に生きた人々は箱型の機会から映像を見ることなど想像し得なかったに違いないのである。 「理解を越えた世界」と書いて「未来」を読むと言ってもよいだろう。 多方面で技術がどんどん発達し,進化し続けている。 この映画で表されてるように21世紀が終わる頃には何から何までもとは言えずとしても,もしかしたら映画で“予言”された未来は現実になるかもしれないのだ。
 21世紀末、アメリカで開発されたウィルスは予期せぬ方向へと走り出した。 ウィルスは“ファージ”という強力なパワーを持った人間を作り出された。 ウィルスに感染された人間は重いリスクを負うがその力を得て超人間になるのである。 しかし、そんなとてつもない力を持っていたはずのファージは人間の力により絶滅の危機にさらされつつあった。 生き残ったファージたちは人間からの扱いの酷さに憎しみを抱き戦いを挑む。 ヴァイオレットもその一人である。 銃と剣を持ち彼女は目の前に立ちふさがる者たちに立ち向かう。 ファージは人間が持つ,彼らの身を滅ぼしかねない“兵器”を求め、人間たちとその兵器を巡り争う。 その兵器を奪い,同胞たちのもとへ持ち帰ることがヴァイオレットの任務だった、しかその兵器の兵器の正体とは思わぬものだった。 兵器の正体を知ってしまった、彼女はそれを命に代えても守ることを心のどこかで誓った。 ヴァイオレットの中に,封印したはずの(彼女の)感情そのものが甦る。
 第一印象として思い浮かべたのは少し前に公開された「イーオンフラックス」である。 近未来で,抜群の運動神経を持ったヒロインが一人敵地に踏み込み,そして戦う。 最初その世界観が重なって見えたけれど二つ(「ウルトラヴァイオレット」と「イーオンフラックス」)には大きな違いがある。 それは主人公の戦士としてのタイプだ。 「イーオン~」の場合は柔軟性の高い武術家、そして「ヴァイオレット」の場合はサイバー戦士というふうである。
 映画の拝見がパソコン上で描かれたイラストという感じで、ぼやっとしたようなあるいはスプレー状のもので色づけられたようにも見える。 CGとイラストとの世界との見事な融合だ。 また、人とその背景との調和も進歩してきているのだなとつくづく思う。 人工的に作り出された背景と(CGなどの技術なしの)リアルの人との間では人が色濃くて背景が薄く,人が浮いているように見えることもあった。しかし近年では「スター・ウォーズ」や「マトリックス」を始めとする
CGの世界に人が見事に溶け込んでいるものがどんどん作られている。 この「ウルトラヴァイオレット」もまた然り。 人も含めて自然なアートそのものと言ってもよいのではないだろうか。
 印象に残ったのはアクションはもちろんであるが、ヴァイオレットの人間らしい部分の描写である。 そこには憎しみの感情でただひたすら戦うために生きるといった感じの側面とは打って変わって,彼女の母親的な姿がうかがえて、そんなところに作品としての魅力を感じたのだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-10 01:51 | 映画タイトル あ行

注目映画。

1.「300」
d0058606_13465832.jpg
 独特な世界観、斬新なストーリー,一度見たら目に焼き付けられるようなビジュアルの施された「シン・シティ」。 その原作を手がけたフランク・ミラーによる作品の映画化。 「オペラ座の怪人」、「Dearフランキー」のジェラルド・バトラーがスパルタの王を演じる歴史スペクタクルである。 その他の出演陣には「ヴァン・ヘルシング」、「ロード・オブ・ザ・リング」のデヴィット・ウェハムなどがいる。 映画を彩る色彩がセピアとカラーとを融合されたかのよう。 古代ギリシャ,スパルタ王・レオニダスがペルシャ軍の圧倒的な戦力の前に少数の兵で挑むという内容。 

2.「イリュージョンVS」
d0058606_14444415.jpg 
 ヒュー・ジャックマン(X-MENファイナルデシジョン)、クリスチャン・ベール(ニューワールド)の共演の,その名の通り「奇術」の映画。 スカーレット・ヨハソン(アイランド)、マイケル・ケイン(奥様は魔女)、アンディ・サーキス(ロード・オブ・ザ・リング王の帰還)などバラエティに富んだ出演陣にも注目。 そしてメガホンを取るのは「バッドマンビギンズ」でベールと組んだクリストファー・ノーランである。 原作はクリストファー・プリーストの「奇術師」、二人の奇術師が己の力を争うといった感じの内容のようである。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-02 15:23 | インフォメーション