茶々 天涯の貴妃

d0058606_23273132.jpg
 戦国時代の魔王・織田信長。 その妹・お市の方と義弟の間の長女が茶々である。 人からは淀殿とも呼ばれていた。 彼女は何度もの屈辱を味わいながらも戦国の世を生き抜き,己の運命に翻弄されつつも,その意志を貫いた強い女性である。 武士(もののふ)のような心を持っている。そんな茶々の生き様を描いたのがこの物語。両親を死に追いやった男の側室となり、徳川家康と真っ向から戦いを挑んだ茶々の人生はどんなに屈辱と悲しみにあふれたものだったのだろうか。 仇として見ていた豊臣秀吉の人間性に惹かれ、生涯を秀吉とともにし、彼の遺志をも大事にすることと相成った,茶々はどんな思いで、生きたのだろうか。
 いかなる権力を目の前にしても茶々の,するどい目の奥にある炎(パワー)はうゆらぐことなく燃え続ける。 この時代を含め,武士が生き,戦があった時代の女性に自由は許されず、男たちの政の中で、ただそれに従うことの他、選択肢はない。 誰かが天下をとれば、その存続のために女性が世継ぎを産むことに努めるのみであった女性の運命を覆すような生き様である。戦は武将たちだけのものではなく、それを支える女性たちも関わるものである、つまり戦に命を注いだのは女性も同じであることを強く感じさせられたのだ。    
[PR]

by jd69sparrow | 2007-12-27 23:55 | 映画タイトル た行

アイ・アム・レジェンド

d0058606_318925.jpg
<あらすじ>
 2012年、世界中の人々は滅び,地球上で生存者はただ一人と思われる。 ロバート・ネビルである。強力なウィルスが世界を蝕み,あまりにも多くの人々が命を失った。ネビルは、人っ子一人いない、ニューヨークで唯一の話し相手で犬のサムと共に生きていた。
 彼を突き動かすのは、ウィルス感染者を治療し、世界に再び人類を再生するという責任感だった。 夜はウィルスに感染し,人間としての理性が失われた人々,“ダークシーカーズ”からの恐怖と闘うネビル。 科学者としての才能を頼りに日々研究を重ねるネビルの努力が報われるときは果たして来るのだろうか…


※ネタバレ注意※

<感想>
 人は一人、広い世界に取り残されたら一体どうするのか。 静まり返った世界で話相手は犬だけ。 たとえダークシーカーズの恐怖がなかったとしても、途方もなく続く時間を一人で過ごすというのは恐ろしいことだろう。 何かが潜んでいるかもしれないと自分の知る世界の外から怯える毎日が続く。 一人でいることが最初はよかったとしても、それが長く続くと人はおかしくなりかねない。 ネビルは正気を失うことなく、なんとか毎日を過ごしている。 ただ、それは彼が科学者で、ことの元凶であるウィルスの脅威をとめることができる,いや、この世に希望を蘇らせる唯一の可能性であることが幸いしていると言える。 もし、仮に科学者ではない人が一人,生き残っていたら,この状況をどうしただろうか。 ひょっとしたら奇跡が起こせるかもしれないし、あるいは人類はとっくに滅亡したいたかもわからない。 
 常に緊張感のつのる状況が続く。 孤独の中にいるネビルがどういう思いでいるのかというのが、ストレートに伝わってくる。 映画の中で彼は恐怖を恐れていて、それが観ている側を同じ思いにさせる。 崩れそうな精神を必死に抑え,安心感をできる限り自らにあたえるとか。 だからこそ、次に何が起きるかをずっと意識せざるをえないのだ。
 愛する者が側にいるわけでなく、毎日,もしかしたら生きているかもしれない誰かに呼びかけをし、世界中の人々を救い、人類を復活させることをあきらめず,可能性を信じる。 人はあきらめたら終わりなのだ、言い換えればあきらめなければ奇跡だって起きる。 日々努力を重ねていけばその努力は報われるときがくる。そう感じさせた。 
 “地球上でたった一人になってしまったら自分はどうするのか”(確か、この作品のうたい文句にもあったと思うが)、本気で考えさせられる。 主人公が陥ったように,いかにして孤独と恐怖と戦うか、そして正気を保っていくか。 考えただけでも恐ろしいと私は思う。 “外からの恐怖”というのがここで取り上げられているわけで、しかもそれに一人で立ち向かわなければならないとなると並々ならぬ精神力を要する。 主人公がどう精神力を持ち続けるか、気がおかしくなってしまうような状況をどう切り抜けていくかという物語でもある。

d0058606_316721.gif
←あなたのクリックに感謝します♪
[PR]

by jd69sparrow | 2007-12-24 03:16 | 映画タイトル あ行

バットボーイズ2バット

d0058606_1271615.jpg
 <あらすじ>
 マイクとマーカス、二人は腐れ縁であり,良き仕事のパートナーである。 彼らはマイアミ警察の刑事。 毎回,飛ばし気味、でもその腕は確かなマイク、無茶ばかりするマイクに引っ張りまわされながらも彼についていくマーカス。仕事の同僚以上に友としての友情の絆で強く結ばれている。 マイクとマーカスの任務は何度逮捕しても,必ず裁判で勝利をつかむ麻薬取引をするジョニー・タピアを完全に逮捕するための捜査である。 
 一筋縄ではいかない敵に,自分たちのリスクを恐れずマイクたちは立ち向かう。マーカスはななんとしてでもこの事件から引けない理由があった。 それは、この事件解決にマーカスの妹シドが関わり、彼女が麻薬取締りのために危険をおかしているということである。
 「警官なんてやめてやる!」とたびたびぼやくマーカス。 冗談ではなく、本気でそれを考えていた。マイクとマーカス、果たして二人のコンビはどうなるのか。

<感想>
 マイケル・ベイ、そしてジェリー・ブラッカイマーの最強コンビ。 アクションには厳しいとか徹底的にこだわることが有名なベイと、製作コストを多大にかけるブラッカイマー。 この二人の築き上げるアクションがただで済むわけがない。 大迫力なアクションがつまれている。なんと言ってもカーチェイスはアクションの中でも一位二位を競うような激しさがある。重い車も二人の巨匠の手にかかれば軽いように見える。
 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-12-23 03:29 | 映画タイトル は行