ゾディアック

d0058606_051921.jpg
<あらすじ>
 四十年近くの月日が経っても真相があばかれることなく、謎に包まれた事件“ゾディアック”。サンフランシスコ、クロニクル社。 一通の手紙が届いた。 そこには謎の暗号が書き記されていた。 二人の子どもがたちが銃で撃たれ、一人が命を落とした事件から間もないときだった。送り主は“ゾディアック”と名乗り、要求を彼らに、また,警察に重ねていった。 そしてゾディアックに関わる殺人事件が次々と起こり、それは次第にエスカレートしていく。 クロニクル社に風刺漫画化として勤めるロバート・グレイスミス、彼の同僚のポール、そして刑事トリンスキーの興味をひきつけた。 謎が深まるほど、彼らもそれにのめりこんでいく。 なんとしてでも犯人をつきとめるために。 

<コメント・感想>
 ゾディアックが最初に世間を騒がした事件は夏だけれど、この作品は冬の海を連想させた。 日は出ておらず、雲行きはよくない。 すぐにでも雨が降り始めても、不思議ではないくらいだ。日がある時は明るく透き通った色で輝く海も暗く藍色にそまり、波が立っている。 そんな状況下を小さな船で、あてもなく漂う。 人がいる島を、あるいは通りすがる船をじっと待っていて、島も一向に見つからず、船が通り過ぎても助けを求める声が届かないという虚しさと静けさ。 事件はまさに“それ”で、、“求めるモノ”をあとわずかなところで手が届かない。 そういうイメージである。
 ロバートたちは事件の犯人の容疑者を見つけても物的証拠という壁にぶつかる。 推理、その推理が字際に叶であるかの照合の繰り返しが続き、時間が過ぎていく。
 捜査は難航し、事件を解き明かそうという欲も人々から失われていく。 残酷な事件でも毎日起こる出来事(事件)の中に埋もれ、記憶からも消えていく。 それでも、“答え”を求める人がいる。 そういう人たちがこれにこだわり続けたのはどこにあったのだろうか。 暗号、関連性が見えてきそうで見えてこない,連続殺人事件ということ、あるいは“答えを出す執念”かもしれない。様々な形で、印象付けられた(犯人と)事件であったにも関わらず、それにこだわった人々は、どんどん取り残されていく。
 最後に、映画演出の手法。 (暗転し、)静かに,場面が変わる手法は字幕が出ては消え,次に切り替わっていく様子に似ていて、モノクロ時代の映画や舞台のようである。
 主要人物たちが事件についてのそれぞれの結論を出す(または、そこへ近づく)。 どんな形であれ、この話の結論は自然な流れであり、個人的には納得のいくものだった。

d0058606_2145471.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2008-01-31 00:27 | 映画タイトル さ行

ナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記

d0058606_2354072.jpg
<あらすじ>
 アメリカのラシュモア山に刻まれた,合衆国の四大大統領の一人,エイブラハム・リンカーン。 リンカーン大統領の時代全ての始まり。 この物語の主人公 ベン・ゲイツの先祖,トーマス・絵いつは、ベンと同様,宝のありかの謎を解くことに長けた人物で、リンカーン大統領の時代を生きた人。 それから月日が経った現在、ウィルキルソンという謎の男が持つ,“リンカーン大統領暗殺者の日記”にトーマス・ゲイツの名が記されていたことにより、トーマス・ゲイツはリンカーン大統領暗殺に関わったという疑いがかけられた。 ベンは先祖の無実を証明するため,“日記”を手がかりに謎を探っていく。
 
<感想>
 今回は歴史を探求するベン、その右腕であるライリー。彼らと共に歴史の裏に隠された真実を追うアビゲイルの三人に加え,ベンの両親を巻き込んでのトレジャーハント。 そして先祖に着せられた汚名をはらすための謎解きの冒険。 歴史には多くの謎や奇妙な偶然がある。 未だに一つの真実にたどり着くことなく,続く謎が人々の“それ”に対する尽きることのない関心を呼ぶ。 “なぜ、それをしたのか?”、“なぜ、そうされなければならかったのか?”・・・。歴史に“なぜ”という言葉は数え知れなくある。 そういった謎を背景に物語が展開していく。
 ベンたちは、自らが背負うだろうリスクを恐れず、海をわたり、危険な道を歩んでいく。 謎をとくヒントは世界のあちこちに点在するのだ。 ヒントからヒントへ、ヒントから答えへと辿る道のりは長い。 けれど、そうして新たな手がかりを探し出し、答えへと近づいてくさまと、危ない橋を渡るスリルとがこの映画の魅力だ。 さらに、史実に基づく,謎解きは歴史を学ぶという点で、見ごたえがあるというもの。
 物語の舞台が様々な場所に移されるとということは、主人公たちも,また、観る側にとっても冒険(あるいは、主人公たちと共に冒険をしている感じ)である。 つまりは、景観を楽しみながら、ストーリーも楽しめるということ。 しかも、ここでは歴史的に大きな意味を持つ場所ばかりなのでその冒険物語が充実している。
 個人的に、ジェリー・ブラッカイマーと言えばド派手なアクション映画演出などが印象的なのだが,『ナショナルトレジャー』シリーズではアクションよりもストーリー,テーマを重視した内容だ。とは言え、アクション場面は磨き上げられ,また,こだわり抜いた感があり、映画の隅々までぬかりがない。
 そして、もう一つ付け加えたいのが、主要人物たちの機転のよさ。 それは個人個人のためのものもあれば、チームワークを要するものもあり、そのうち一つでも狂いがあったら、物語は全く違った方向へと傾くことだろう。 彼ら一人一人の機転があるからこそ,スムーズで無駄のない,モノ(作品)になっているのだと思う。

d0058606_23305385.gif
←あなたのクリックに感謝します♪♪
[PR]

by jd69sparrow | 2008-01-16 23:31 | 映画タイトル な行

スマイル 聖夜の奇跡

d0058606_23571063.jpg
 <あらすじ> 
 1987年、弱小少年アイスホッケー・チーム、スマイラーズ(Smilers)。 まだ,勝利の経験のない彼らの監督に新しく就任したのが佐野修平だった。 彼はアイスホッケーを知らない全くの素人。 修平はタップで生きる夢を立たれ、その現実から逃げるように東京から北海道へ渡り、しかも,修平が監督を引き受けたのは、恋人・山口静華との結婚をスマイラーズのオーナーである静華の父親に認めさせるためだった。 スマイラーズの勝利がその条件なのだ。
 それは前の見えない道のりに思えた。 しかし、試合中,修平のタップのリズムが刻まれると奇跡がおき始める。 そして、スマイラーズのメンバーたちは彼ら自身がアイスホッケーの試合で戦うことの意味、また,相手を恐れずに立ち向かう勇気を持つことの大切さを学び,成長していく。
 
<感想>
 この映画に対するコメントの中にもあったが、この作品は“作り”(構成)のバランスがとれていると思う。 映画は笑い一本で物語を作るなどジャンルを絞るのもおもしろい。 バランスよく様々なトッピングを盛り込むとさらに見ごたえのあるものになる。料理がいろいろな具材をバランスよく入れて美味しくなるように。 ここ(『スマイル』)では 笑い、感動、画面から伝わるリアルな臨場感が含まれている。 バランスよくこれらの要素が含まれれば現実に近くなる。“監督のねらい”にもあったように思うが、ドキュメンタリーを見ているかのよう。 日々の生活は感動や笑い、悲しみといったいろんなものからできているからだ。 実話を基にしてるというのもあるが、目の前の現実で起こっている出来事をすぐ近くで見ているという感じにとらえられる。
 心に響く言葉はいくつもある。 その中には、一人の人物がもう一人に言ってる言葉なのに、観ている側に訴えかけているように聞こえるものもある。
[PR]

by jd69sparrow | 2008-01-06 00:06 | 映画タイトル さ行

A Happy New Year in 2008

d0058606_21371112.jpg

皆様!!!


あけましておめでとうございます058.gif

今年もよろしくお願いします。

今日,この日が無事に迎えられたこと、本当に良かったと思います。

新たな一年が皆様にとって素敵な一年になることをお祈りします072.gif


*****

ちなみに、今日は早起きして初詣をし,初日の出を拝みました。

おみくじは『吉』。悪くはないかなぁって感じ。

上の写真は初日の出です。
d0058606_21422370.jpg

[PR]

by jd69sparrow | 2008-01-01 21:42 | ドラマ・その他