レッドクリフ Part2 未来への最終決戦

d0058606_17361445.jpg
<イントロダクション>
 歴史をただ語るだけでも,アクションなどビジュアルメンだけの映画ではない。 戦いがもたらしたものや、共に戦ったもの達が彼らの間で築き上げたものを人に伝えるものだということに重点が置かれているのだと思う。 
 Part1が“決戦前後”でPart2の本番に至るまでの背景と三国志の世界を紹介している。 今回もまた,連合軍と曹操軍との,知を活かした 駆け引きが繰り広げられ、最期までどちらに軍配があがるかはわからない。 孫権軍・周喩と劉備軍・孔明。 知に長けた二人が勝負を仕掛ける,驚くべき方法で。

<あらすじ>
 自軍よりも軍勢が少ない連合軍との戦いに勝利を確信していた曹操だったが、孔明の作戦の前に屈する。それでも曹操軍の優勢は変わらない。  しかし、連合軍の強さは侮れないと見た曹操は、この戦の行方を左右する“赤壁”への進撃を決意する。 周喩と孔明はさらなる結束を深めるべく,それぞれ 命がけの一手に投じる。 武将たちを支える女達も大人しく見ているわけではなく、一役買うのである。 戦いに男女は関係ない、なぜなら国と国との戦いだからだ。 こうして、「赤壁の戦い」が始まる。

<感想>
 孫健軍は打倒・曹操軍に燃え,作を練る。 それを考えてみると,たとえ八十万もの兵が敵にいようとも、連合軍の知略は曹操軍を超えていると言っても過言ではない。 だからと言って、簡単に崩れる敵軍ではない。 いくら精巧な作だからと言っても、力で踏み潰されかねない。 それが物語を盛り上げるポイントだ。 敵どうしが相手の動向を探りあい、戦の行方を読んでいる。 武器なき戦いがここで行われているのである。 直接顔を交わさずとも互いが互いを読もうとしている時点で戦いなのである。
 曹操は力を手にして暴君的になったのかもしれない。 現に皇帝をも取り込む力を持っているし、欲しいものをほとんど我が物としているのだから。 冷酷極まりないはずなのに、それと相反するかのように、疫病で弱った兵たちを含めた自分の部下達に熱く語りかけ、士気をあげる。
 統治者らしい一面を持っている。 だからこそ、兵たちは彼についていくのだろうし、孫 叔材のような純粋な人たちが集まるのかもしれない。
 曹操側も孫権側も、ある程度 敵を理解している。 だからこそ互いが一歩も譲らないような戦いが出来たのだろう。 相手を読み、作戦を打ちたてる場面がとても見ごたえがある。 視覚的には“赤壁の戦い”での火の海に飲まれた船、互角に戦い,敵陣へじわじわと確実に攻める孫権軍の見せ場、そして孔明が敵を利用し,見事に(敵に)対抗する手段を得たところである。
 劉備軍は一度戦場から離れたため,孔明を除く劉備軍の武将達の活躍はあまり見られなかったが、趙雲においては、しっかり印象に残る場面がある。 一番の見せ場は周喩にあるが、趙雲は美味しいところ持っていっている。 最も柔軟かつ俊敏に動く戦であり、押さえるところで押さえているからだ。
 迷いのあった孫権も今度の戦いでは、総大将としてのオーラと覚悟があり、その実力を試されるクライマックス… 真の戦人(いくさびと)となるわけだ。 先代の役目を担うにふさわしい器になった瞬間なのである。
 自然の力には人は勝てない。 まさに天候・雲の動きをより早く,気づき,読んだ方にこそ 戦いの女神は微笑む。 天気一つで勝負の行方が左右する。 孔明はすごい。 それをいち早く読み、戦略へ持ってゆく様子はなんの迷いもなく、自信に満ち溢れている。
 気象予報士のようだ。 本当に空を見上げただけで、天気がどうなるのか,読めるのかと疑問に思ったけど結果を見ると疑問には思えなかった。
 “赤壁の戦い”は、男達だけでなく、女達の戦いでもある。 小喬と尚香の二人の活躍はこの戦いに大きな影響を及ぼしているからだ。 二人の動きがあってこそ、結果が得られたのだと思える部分があるのだ。 小喬は言う、「自分だけが平和なのは嫌」と。 周喩の妻、つまりは武将や大名の側室という立場にある。 戦乱の世の日本を見ても、側室は直接動いたりはしない。 そう考えると、危険を顧みず、敵地へ向かうことで自軍のために動いた二人のはすごいし、戦う者の心を持っていると言える。 
 たとえ、原作と違っても映像化した作り手の解釈で作られたとしても、人々を歴史に注目させたのだから、良いと思う。 全てを忠実にするのも,それはそれで良いかもしれない。 しかし、いろんな視点で見るのも面白い。 『レッドクリフ』は人間的な物語。  “赤壁の戦い”ということで、曹操と連合軍の心理戦の部分もある。でも、最も注目したいのが、周喩と孔明の友情の絆である。 二人はまわりから難しいと思われたことを見事にやってのける。 宣言したこと、約束したことは必ず成し遂げるのがすごい。 互いが互いを疑ってはおらず、信頼があったからこそ,それぞれの考えや戦法にゆだね,戦ったのだろう。 二人の約束はある意味で勝負である。 結果は引き分けであり、二人とも勝者。 相棒のような関係の二人はそれぞれの作戦を理解している。 それは“友情”と言える。
 いずれ、敵同士になったとしても彼らの別れときは、熱い友情そのもので、良きライバル・良き友にしか見えない。 とても、美しい締めくくりは静かで穏やかだ。
 周喩は趙雲とも信頼関係にある。 直接、戦いには参加しない孔明に対し、趙雲は周喩同様に戦場に立つ。 つまりは、戦場での友情の信頼関係。 周喩は孔明を信じたからこそ、趙雲にもその信頼を寄せたのだとも考えられる。 だからこそ、最後のあの見せ場が成り立つ。一発逆転。
 趙雲はアクション的に見せ場がある。 だから、美味しいところを持っていったりするけれど、戦略も実戦も両方に長けた周喩はもっとすごい。
 大迫力なアクションもすごいけど、間違いなくこれは“人間的な物語”だ。

d0058606_2072596.gif
←クリックお願いします。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-05-14 17:53 | 映画タイトル ら行

GOEMON

d0058606_11345779.jpg
<イントロダクション>
 歴史という題材を作り手の解釈や理想で自由に作品化できる時代になった。 歴史は書物に語られる。 だけど、時代が経つと新たな事実が発見され、新説が生まれる。 だから、教科書で学ぶことが完全に正しいとは言えない。 だからこそ、もしかしらたこうだったんじゃないか,こんなふうだったらいいのにとか想像して物語を築き上げるのも良いのではないだろうか。 私達が今生きるこの場所を作った偉人達、彼らが生きた時代は現代にはないものがある。 それは魅力的なものがある。 もちろん、史実も知りたいけれど その時代の魅力を見たいというのも,現代人が求めることなのだろう。
 時代劇らしくするのもいい、だけど限られた“くくり”の中では限られたことしかできない。 だからその枠を破るのが斬新で面白いのかもしれない。 フィクションも交えつつ,エンタテインメントとしての安土桃山時代がここにある。

<あらすじ>
 安土桃山時代。 天下統一を果たした信長は、まもなくして家臣・明智光秀の謀反により、本能寺にてその生涯に幕を閉じる。 次に力を得た豊臣秀吉は新政権を始めるが貧富の差が極端になるばかりだった。
 天下の大泥棒と称する,石川五右衛門は富豪から金銀財宝を奪い取り、貧しい者達へ分け与える民衆のヒーローだった。 そんな五右衛門が盗んだものの中には南蛮風の箱があった。 それは五右衛門の運命を大きく変える“パンドラの箱”だった。 やがて、彼は戦の渦へ巻き込まれ、“災い”と向き合う。

<感想>
 石川五右衛門は自由を愛する義賊。 財宝をいとも簡単に奪い取ったかと思うと民衆のためにその多くを使ってしまう。 贅沢三昧な暮らしより、時に自分への褒美も与えつつ、一日一日を生きるという前向きな人間である。 明るいキャラクターなだけに、また泥棒ということで富豪や悪い輩から次々と財宝を奪う「ルパン三世」のような、コメディ色のの濃い話かと思いきや、実は石川五右衛門の運命を,その人間味あふれるキャラクターの魅力で語るシリアスな部分が多い作品なのだ。
 石川五右衛門が大泥棒というのはよく知られているけれど、“忍”という説はここで始めて知った。 映画『GOEMON』では少年時代から本能寺の変まで忍として信長のもとで鍛えられたとある。 信長亡き後、五右衛門は賊の道を選ぶのだ。 確かに財宝を盗るという稼業に忍術は活かされていることだろう。 その力あってこそ、簡単に“仕事”をやってのけるのだと思うし、うなずける。 忍であったという記述も存在する。 だから始め、この設定に驚いたけど納得が出来るのである。
 五右衛門が一度手にした箱を“パンドラの箱”としたのは、それがこの物語を起動させるスイッチであり、鍵であり、そして物語全体を表しているからであろう。 不思議な箱を開けた五右衛門には彼の運命を変える災いが襲うことになり、いわば『GOEMON』とは、五右衛門が意図せず,自らの手で呼び寄せてしまった災いと戦う話なのである。
 一見、空の南蛮風のその箱は、後に確固たる事実を示す、証拠となるわけだけど “パンドラの箱”のように本当に見えない災いが入っていたのかもしれない。 
 一人一人、人間性とそれぞれが抱える思いがあって、人物描写が鮮明に見えてくる。 信長と秀吉とは違うけれど、秀吉の方がメインとして出てくるせいか、秀吉の方が暴君に見える。 さりげなく、あの浅井長政のものと思われるしゃれこうべの杯が出てきはするものの,それを越えるものが出てくるからだ。
 「天下統一の欲に取りつかれた者たちが、戦を止め、平和な世を作るというが未だ果たされていない…犠牲になるのは 我々国民だ」という感じの言葉がある。 これはそのまま現代社会の日本を思わせるような気がするのは、私だけだろうか。 代わる代わると国のトップが交代するが何か一つを成し遂げた人はここ数年,誰一人いない。
 前半、大泥棒としての五右衛門が描かれ、大半が戦士のようで最終的には忍という感じ。 泥棒の顔と忍の顔。二つの顔は正反対。 自由人から復讐鬼、そして真の忍へと変化していったとも言える。
 冒頭のシーン、霧隠才蔵との一騎打ち、そして信長の影を残し,一騎で戦場へ突っ込んだクライマックス…どれをとってもスピード感にあふれ、クールでワイルドな魅力がある。 本当にジェットコースターのようだ。 楽しい時間があっという間に過ぎていく。
 絵になる場面ばかりだ。 忍どうしの一騎打ちで勝敗が分かれるであろう,最後の瞬間が最高に目をひきつける。
 五右衛門と才蔵は旧知の仲でありながらも、別の道を選んだがために敵どうしだけれど、どこかでちゃんと理解している部分があって、また,絆は決して絶たれてはいなかったことに感動。 才蔵は常にクールだけれど、感情的になる部分にその人間性と魅力を感じた。 
 大事な人を失ったとき、自分に欠けていた大切なことに気づかされる。 五右衛門は「パンドラの箱を開けたとき,イブが一つだけ取り出さなかったものがある、それが自分に欠けていたものだ」と言う。 それがなんだったのか、いろいろと想像できるが、これだとは断言はできない。 というかむしろ、言葉に表すおりもそれは感じているもおのなだろう。
 その“何か”が五右衛門を最終的に復讐の思いから彼を救い、一つの使命,つまり大切なことを伝え、託すために動かしたのだ。
 かつて、信長の下についていた者たちが信長の鎧と兜を身にまとった五右衛門を信長と思ったのは、その鎧だけのせいではないと思う。 暴君とは違う,人間としての魅力のあった信長の遺志を背負い、受け継いだ真の家臣の姿。 まるで、信長の魂がそこにあるかのよう。 友の死、大切な人の存在があって,彼は学び そこに至ったのだろう。
 フィクションだけど、もし 五右衛門が信長の忍だとしたら すごいなぁとか、ここでは語られるこおtが事実だたらしいのにと思うことが多々ある。逆なこともあるけれど。
 復讐は何も生まないし、自分が望むものなど手に入れはしない。 大切なのは己の意志を伝えること。 悲しいようで幸せな最期といえよう。 多くの人物が使命を果たし、後悔の色を見せない。

d0058606_12395287.gif
←クリックお願いします♪
[PR]

by jd69sparrow | 2009-05-14 11:42 | 映画タイトル か行

クローズ ZERO2

d0058606_2312528.jpg
<イントロダクション>
 鈴蘭高校に鳳仙学園の二つの不良たちのが集う高校。  この二つの学校の争い・戦争が主軸である。 けれを戦国時代からしばらくの歴史に例えられなくはないだろうか。 “高校”は背景に過ぎない、というよりもそこへ通う学生の“城”という方がなんとなくスッキリするような気がする。 始めは国の中での争い、そして 敵国(外の国)との対決へ。
 2009年の大河ドラマ『天地人』。 二分した上杉家の家督争いに始まり,やがて北条などの諸外国との戦いへと発展していく。 上杉家内の争いがあって、二人の大名は和睦する。 この流れが『クローズ zero』のだ一作目の芹沢と滝谷との鈴蘭の頂上をかけた戦いを連想させる。 そして、家督を手にした上杉景勝は、敵国との戦へと目を向ける。 これが『クローズ zeroⅡ』をなんとなく思わせる。
 あくまでも素手での“ケンカ”にこだわり、本気で相手へぶつかっていく,カラス達。 今の世の中には中々見受けられない,熱い戦いは武士達が 己が信念を貫き,戦ったのと変わらないだろう。

<あらすじ>
 滝谷源治は、鈴蘭を束ねる芹沢多摩雄をくだし、頂上(てっぺん)の座を手にした。 とは言え、鈴蘭を一つにするにいはまだ遠い現実。 数年前、鈴蘭のトップにいた川西が鳳仙学園のトップに対して起こした事件があり,それから月日が経ち、少年院から出た川西を復讐を誓う鳳仙が待ち伏せ、追われた川西が行き着いたのは、多摩雄たち,芹沢軍団の溜まり場。 そこにふと現れた源治の鳳仙への一発で、長く守られてきた,沈黙の協定が破られ,再び鈴蘭と鳳仙との戦いが始まる。

<感想>
 人を殴り、蹴るなど 傷つけるという重みがまず伝わってくる。 武器を使ったのではわかることのないものである。 武器に頼るのは相手に対する恐れの表れで、“逃げの一手”。 ベース音のような鈍い音の響きが重みの存在感を示す。 それは実際、本当に殴る・蹴るをするという作り手のリアルな演出。 だからこそ、重みが伝わる。 銃やナイフじゃ、自分の体には何も伝わってこない。 だからこそ、“人の命の重さ”に対する考えが麻痺し、簡単に人の命を奪ってしまう。 “彼ら”は死を自分にも相手にも決して望んでいやしない。 人為的に人の死を奪わないのは当然だが、あるドラマにあったように、彼らは人を殴れば自分にも痛みが伝わることを知っている。 そこがやっぱり この物語に説得力をつけているのだ。 みんながみんな、それぞれ誇りや信念を持っている。
 戦いの発端はかつての鳳仙と鈴蘭のトップの間にあったもの。 それさえなければ、ここまでの戦いはない。互いが信念を持っていて,状況しだいでは仲間にもなりうる感じ。 仲良くすればいいにとも思うが、そういうわけにはいかない。
 現実を考えてみると、本音と拳でぶつかり合うなどあまりない時になり、そんな時代だからこそ、人は『クローズ zero』のような青春物語の中に,今ないものを見て ただ単純に楽しんだり、懐かしく思ったりするのだということには納得ができる。
 人の上に立つ事、人々をまとめるとはどういうことなのか。 それが主人公に与えられた課題であり,物語のテーマである。 勝負の時、源治の中の何かが大きく変わっていて、それはまさしく 鈴蘭のトップの器を現している。 だからこそ、多摩雄たちが立ち上がったのだと思う。
 アクションとしては、足技がすごい。 拳ならその重みがスクリーンにとどろくが、足はその人物が綺麗に映える。 高度にも思えるし、足技が一つ決まるとその人の強さがわかり、全体的にかっこいいと思うのだ。 
 人は大切な人を失い、その人の大切さに気づく。 そして、その人に教えられたことの深さも理解し、強くたくましく変われるのだと思う。
 ここに出てくる,みんなが強さと仲間や下で支える人たちを思う気持ちを持っている。 相手のことを思うこと、言いたいことを言ってぶつかり合うのはとても大切なことだけれど、中々できないのが今のご時世。 しかし、一人一人の気持ちしだいで世の中は変わる。 今、私達に足りないものがここにはある。 

d0058606_0172936.gif
←クリックをお願いします。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-05-01 00:00 | 映画タイトル か行