トランスポーター3 アンリミテッド

d0058606_21333773.jpg
<イントロダクション>
 依頼品は必ず、送り届けるプロの運び屋フランク・マーティ。 高額な依頼料をもらう変わりにそれに見合った仕事をし,どんな依頼でも依頼どおりにこなす…『ブラック・ジャック』を連想するのは私だけだろうか。 少なからず、フランクが持つものとブラック・ジャックの持つ美学はどこか通じるものがある。 自分に課した自らのルールに感情をきたしてまうのはタブー。 そして裏の世界の仕事依頼も受ける孤高な人間だ。 シリーズが始まる以前のフランクは常に自分のルールの下、そつなくただ仕事を完璧にこなすだけの日々が続き,依頼品がものから人へと変わるという例外的な事件が起こることによってルールにも例外が起こり始める。 もとは己の身を守るためのルール…だけど、守るべき者が現れたとき,そのルールは破られる。 感情らしい感情を持たなかったはずの主人公は、依頼品・依頼内容が変わることで感情が生まれてくる。 機械のような人間が人間らしい人間へと変わっていくのだ。 
 スーツを身をかためてアクションをすること、また,高級車を使いカーチェイスや高度で危険な道をも切り抜けるという意外性が第一印象で強く残っている。 また、戦いを要求されるとは想像しにくい人物が武器を持った相手に体当たりで立ち向かっていくだなんて… 裏の世界の仕事の依頼を受ける人間は警察とは距離を置くと思いきや、一人の刑事(警部)とは助けあう仲でもあり,釣りを楽しむという私生活でも付き合いがあるという…なんとも面白い構成であり設定だ。 フランクはいろんなところにこだわりを持つ人であり、謎を秘めた部分もある。 そこが『トランスポーター』の魅力と言っても良いだろう。

<あらすじ>
 一人自宅でくつろいでいたフランク。 すると家に車が飛び込んできた。 それは一度は断った仕事を変わりに受けることになった運び屋仲間マルコムだった。 瀕死の彼を急ぎ,救おうとしたフランクだったが マルコムを乗せた救急車はフランクの家から数十メートル離れたところで爆発! マルコムが乗り込んでいた車の後部座席には赤毛の女が横たわっていた。 女には太い謎の腕輪がはめられている。 これと同じものがマルコムにも付けられていて、車から離れすぎると爆発する仕組みであると女から知らされたフランク…気付くと背後から来た何者かに殴られ気絶させられる。 ふと目が覚めたフランクは密室にいた。彼の腕にはマルコムと同じ腕輪が。 それは以前断った仕事の依頼主により付けられたもの、その依頼主はジョンソンと言い,改めてフランクに仕事の依頼を要求してきた。 フランクは愛車を使うことを条件にその仕事を請けることに。その依頼とは国家を揺るがす,赤の代物を指定された場所へ送り届けることだった。 そして何故かマルコムの車にいた女,ヴァレンティーナも同行する。 依頼人は言う、「これは配達ではなく、ミッションだ」。 謎を頂きつつ,またヴァレンティーナに少し惑わされ,振り回されつつもフランクは仕事にとりかかるのだった。

<感想>
 フランクがヴァレンティーナの本心を引き出すように、ヴァレンティーナもまた,フランクの中に眠っていた一面を引き出す。 長い付き合いになるタルコニ警部でも知りえなかった一面だ。 クールで多くを語らないフランクに隠された情熱的な部分…武道に優れ,華麗なドライブテクというアクション面でなく,人間的なフランクな魅力がここにあり。 どんな仕事も必ず単独でこなし、依頼の遂行に同行者を望ましく思っていなかったフランクに変化の兆しが訪れるという主人公のメンタル面でも物語に見所を咲かす。 
 真剣なアクションの随所にちらほら見れるフランクのこだわり。 服を乱さないこと。 第二作目にもあり,冒頭にプレイバックされる場面で見受けられる1コマ…複数の敵に囲まれたとき,スーツのジャケットをその場にあった帽子掛け?にさっと乗せ,敵へと立ち向かう。 そして決着をつけた際に(これまたうまく)スーツを再び羽織る…という場面。 これはインディ・ジョーンズがハットにこだわると同じような気がして面白い。 インディは天井からしまりかけた扉の向こうに手を伸ばし、ちゃんと自分のハットを手元に戻すというハットへの愛着心を持っている。 フランクは黒いスーツが印象的なゆえに、スーツにこだわりを持ち,スーツのジャケットのこだわりはインディにの持つそれに等しいと言えるだろう。
 さらに。 拳銃やナイフなど持っていなくても工夫次第でどんなものでも武器になりうるのかも!と思った。 まさかワイシャツなど着ているものを使って敵をこらしめるなど思いも寄らぬこと。 どんな状況下にあっても敵と対峙するフランクの精神は常に冷静沈着、だから様々な機転が利くのだと思う。毎回どう危機を乗り越えていくのかも見所の一つだ。 
 カッコいいばかりではなくて、人間らしいところもあるし,ユニークな部分もある。 クールな場面が続いたかと思いきや、滑稽だけど面白いところもある。 依頼品の謎が解けたときのすっきり感となるほど感もイイ。 二作目にしてもジョンソンという強敵が隠れていたように,今回もジョンソンの影にもさらなる組織の陰謀がある。ということは、さらなる強大な敵とフランクは戦うことになるのか?と思いたくなる。
 本作でフランクに立ちはだかる敵、ジョンソン。 渋くてカッコいいクセの強い人物だ。 ジェイソンにひけをとらない程のしゃべりの渋さは最高である。 フランクを窮地に追いやるほどの頭脳を持ち,二人は互角の戦いを繰り広げる。 自らが作り出した(悪意の満ちた)兵器は自らの身を滅ぼす… マンツーマンで戦いを挑んだフランクとジョンソン、結果はあっさりとついてしまうのだけれど 敵の最後の瞬間も忘れがたく、あまりにも潔くて良い意味で印象深い。

d0058606_1102873.gif
←クリックをどうぞ。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-08-21 22:19 | 映画タイトル た行

ナイトミュージアム2

d0058606_1045335.jpg
<イントロダクション>
 黄金の石版の力により,博物館の展示物たちは夜、魂が宿る。 自由に動き回る彼らにはそれぞれ個性があり,意志がある。 不思議な力によって意志を持つ彼らだけれど、実際に展示物には魂が宿っているのではないかと思う。 作り手によってこめられた魂が。 第一作目ではティラノサウルスの化石がまるで子犬のように可愛らしいという意外性あるキャラクターがいたりとイメージとは違う面白い性格を持ったキャラクターが多く登場した。 二作目である本作も同様である。 舞台が大きく変わったことで、動き出すキャラクターたちの幅も大幅に広がる。 嬉しいことに一作目のキャラクターたちも引き続き登場し、活躍する。 主人公ラリーと彼と付き合いの長い自然史博物館の仲間達の新たな冒険が始まる。

<あらすじ>
 ラリーは夜警の仕事を退職し、新たなビジネスで成功をおさめていた。 博物館にいた頃とは天と地の差の如く,彼の環境は変わっていたのである。 ラリーは暗闇で光るライトを発明し、ヒットを飛ばす企業のトップである。 慣れ親しんだ自然史博物館の仲間達を思いつつも、今ある仕事から中々手が離せない。 そしてラリーの留守の間、自然史博物館にも時代の波が押し寄せた。 一部の展示物を除く、自然史博物館の展示物たちがニューヨークからワシントンのスミソニアン博物館という大きな博物館の倉庫行きとなったのだった。 それを知ったラリーはショックを隠せない。 そんな時、事件が起こった。 ワシントンに着いた,かつての自然史博物館(ニューヨーク)の仲間でジェデダイアからSOSが届いた。 ニューヨークに残されるはずだった石版をサルのデクスターが盗み出し、それによって命を吹き込まれたエジプトの王カームンラーがジェデダイアたちを危機に追いやり,悪巧みをしているというものだった。
 それを聞いていてもたってもいられなくなった,ラリーは息子の力を借り,巧にスミソニアン博物館の倉庫へ潜入し、ジェデダイアたちを救い向かう。

<感想>
 スミソニアン博物館には世界のいろいろなものが揃えられている。 そして様々なジャンルの博物館の集合体であり,敷地内には種類別された建物が複数存在する。 剥製や人と変わらぬ姿をした展示物だけでなく、絵や写真、彫刻など実に様々な登場キャラクターがいる。 偉業を成し遂げた人物、悪行によって歴史に名を刻んだ人物たちがいて、スミソニアン博物館では二つの島に分かれている。 善と悪。 実在した人物,架空の人物などいろいろ展示物があるけれど、 バラエティー富んでいて面白い。 ラリーの相棒ともいうべきなのが、今回はアメリア・イヤハート。 イヤハートは女性初の大西洋単独横断の成功者だ。 冒険好きの彼女に少々振り回されつつも,この頼もしい相棒とともにラリーは戦うのである。 一見、アメリアの方がたくましいようだけれど、ラリーも決して劣ってはいないと思う。 それはラリーにある落ち着きである。 どんなに脅されようとも相手が展示物であることを知っているラリーの冷めた感じ…というか余裕が悪の王カームンラーを滑稽にみせ,また 憎たらしいと感じさせないのかもしれない。 それがコントじみていておもしろい。
 最初は戸惑うけれど、すぐに彼ら,展示物への扱い方・付き合い方を掴み、まるで親と子、飼い主とペット、友達同士のような関係を築き上げるのがすごい。 個人的なイメージに過ぎないのだが、ラリーの第一印象としてはダメ男というものがあった。 けれど実際は違う。 展示物たちの個性が必ずしも見た目からわかるものとは限らない点にもあるのだが、ラリーはその人がどんな人間なのかを理解するのに時間がかからない人なのだろう。 そして、確実にニューヨークの自然史博物館で場慣れしたラリーは確実にたくましくなり、スミソニアンでもその力が発揮されているように思う。
 アメリカで使われている懐中電灯には丈が長く,防犯道具としての役割を持っているものがあると聞いたことある。 懐中電灯をヌンチャクのごとくさばく様子、また武器として使うラリーはかっこいい。 どこでそんな技を磨いたのかと疑問に思うくらい。 懐中電灯をベルトにおさめるときもガンマンがピストルをかっこ良くベルトにおさめると同じようにキレがある。 スミソニアン博物館潜入の糸口をつかんだときの手さばきも見事なもの。
 絆という点も見逃してはならない。 前回犬猿の仲であったミニチュア・カウボーイのジェデダイアと同じくミニチュアのローマ皇帝・オクタヴィウスをとりもったラリー。 彼ら二人はもはや戦友の仲。 小さな二人だけど彼らの活躍は大きい。 また、ジェデダイアとラリーの絆も強く、まるで親友同士のようだ。 そんなジェデダイアがラリーに語る一言に感動した。 「俺らはこんな危機何度も乗り越えてきた-助けを本当に必要としてたのはお前(ラリー)だ」という感じの言葉である。 確かに、ニューヨークの展示物を救い,世界制服をもくろむ悪を倒すという構図のようであるが、実はラリー自身を救う話というのには大いに納得が出来る。 話の前提でジェデダイアを救うというものがあるが、(大げさな言い方だが)真の話の意図はラリーの救済にある。 観る側としてもそこで初めて話の目的がそこにあると初めてそこで気付かされるわけで、感銘を受けるのである(あくまで個人的な意見だが)。 目の前にある成功が本当に自分を幸せにするものだとは限らない、真の幸せとは自分が活き活きと出来る場所だとこの作品は語っているように思う。 それを教えてくれるのが自然史博物館の仲間というところがイイ! ラストはパンフレットのコラムにもあったように,誰もが一度は夢見たことであろう、理想が現実となったという感じで楽しい。

d0058606_11194387.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-08-21 10:15 | 映画タイトル な行

ミッキーマウスの憂鬱

d0058606_291522.jpg
<イントロダクション>
 ディズニーが好きな人ならこのタイトルを見て目が留まらぬ者はおそらくいないだろう。 何しろディズニーを象徴するキャラクターの名が表紙に書かれているのだから。 まず、ミッキーマウスと憂鬱という相反する性質・意味をもたらす二つがつながっていることに興味が惹かれる。 賛否両論の声もある。 だが、個人的にはとても面白い作品であると思う。 簡単に言えば主人公がいて、主人公がディズニーランドの裏側を知り,成長していく物語である。 青春や感動という言葉を聴いてなおかつディズニーという夢のテーマパークとつながると聞くと物語の扉を開く意欲が湧く。 

<あらすじ>
 主人公後藤は中学時代の思い出を胸に夢のテーマパークで働くことが願望だった。 そのチャンスを掴んだ彼が配属されたのは想像していたような表の世界ではなく、裏方の部署だった。美装部。 そこはショーやパレードへ登場するキャラクターたちに扮する人たちのサポートすること。 後藤はこの地味にも思える仕事に落胆するも,彼のテーマパークでの日々が始まる。 
 失敗をして、様々人たちに影響をうけ,力を得ていく日々。 だんだんと成長していく後藤はそこで働くことの魅力を見出していくのである。 後藤の向かう先々では様々な出来事が起こる。 事件からちょっと心の温まることまで。 失敗を重ね行く仲で彼は本当の意味でこのテーマパーク一員にふさわしい人間へと近づいていく。

<感想>
 主人公のすごいところは社員と準社員との間にある壁など彼には関係なく、言いたい事を堂々と言える精神力にある。 この職場で働くには失格とも思えた後藤。 しかし彼の精神力は強かった。 始めは理想と現実との差に戸惑うけれど、徐々にその仕事へのやりがいを見つけ、成長していくという話。 そこにはフィクションとは思えないほどのリアリティがあり、筆者がいかにリサーチに力を入れているかが伺える。 特に雨の中でのエピソードである。 ひどい雨の中、アトラクションは中止され,ゲストは大雨の中、帰ることを余儀なくされるのだが、その時にどんな言葉をかけられようとも決して,誰一人として笑顔を保ち続けるという姿勢と辛抱強さがぐっと来た。 これは真実のキャストの姿なのだと思う。 ゲストに笑顔で帰ってもらいたいという彼らの必死な願いがそこにはあって すごいなぁと思う。
 様々なトラブルを巡り,後藤はたくましく成長していく…その姿とディズニーリゾートで働くあらゆる人たちの必死な努力に心打たれるのがこの作品の最大の魅力と言えるだろう。 フィクションと言えども,きっとそのような世界が広がっているのだろうと想像を膨らませることができる。 ここで描かれる描写を読んでいるとよりいっそう,ランドやシーに行きたいという意欲に駆られると個人的には思う。
 あらゆる行動をうつすためには多くの壁を乗り越えなくてはならない。 思っているだけでは何も始まらない。ぶつかっていくことが大切だ。 行動をする勇気にこそ意味がある。 そう思えた。
 人生がいろいろなドラマに満ち溢れているように、ディズニーリゾートにも,ゲスト・キャスト両方に数多くのドラマがある。 どんな苦労があろうともそれを決して見せびらかすことなくゲストを快適な気持ちにさせてくれる場所なのだと改めて実感できる。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-08-18 02:20 |

G.I. ジョー

d0058606_18271326.jpg
<イントロダクション>
 映画を作るためのもとは、もはや小説や漫画だけではない。 映像化されるものの媒体が広がった、もしくは広がりつつあるのかもしれない。 『トランスフォーマー』も『G.I. ジョー』もアニメ化されたものの,原点は玩具にある。 元になるものはあるけれども,元になるストーリーはない。 フィギュアとして様々なキャラクターが作られ,彼らの個性を生かした上でストーリーは練り上げられて、一つの作品となる…となるのだと思う。 オリジナルの作品よりも原作があるものが多くなりつつある近年の映像作品だが、これはオリジナルに近いかもしれない、というよりも新ジャンルと言うべきか。 日本でも海外でも今の映画の作り手達の夢を具現化・実現化したものが多いような気がする。 その作品のもとが作られた世代もさることながら、知らない世代とっても十分楽しめるのは、元の要素に現代ならではの味を利かせているからだろう。
 『G.I. ジョー』はアメリカの文化の一つだとさえ言われる,特殊部隊のフィギィアである。 自分の手で動かせなかったものが映像の世界で自由に動き出すのを見る感動とはいかなるものなのだろうか。 国境を越えたヒーローたちの活躍がとても新鮮で,とてもスタイリッシュかつ大胆な新たなるエンタテインメントだ。

<あらすじ>
 NATO(北大西洋条約機構)の部隊に所属するデュークとリップコード。 彼らは任務でナノマイト弾頭を運ばなくてはならなかった。 ナノマイト弾頭…それは金属をも食い尽くす威力を持った強力で危険な兵器である。 無事任務遂行かと思われたその時、デュークたちは事件に巻き込まれる。 ナノマイトを守りきったものの,彼の部隊はほぼ壊滅状態にまで追いやられ、生き残ったのはデュークとリップコードただ二人。 そんな彼らを救ったのは“G.I. ジョー”という名の特殊部隊だった。 
 デュークの熱意で彼とリップコードはG.I. ジョーの一員となる。 彼らの敵はテロ組織コブラ。 コブラの狙いはナノマイト弾頭を利用して世界征服をし、絶対的な力を手に入れることだった。 G.I. ジョーの精鋭に決して劣らぬ戦力を持つコブラ。 ナノマイトによって多くの犠牲者を出さぬために,コブラを追跡し止める事がG.I. ジョーの任務。 G.I. ジョーとコブラの壮絶な戦いの火蓋は今、切って落とされた。

<感想>
 G.I. ジョーの戦士達も,また コブラも個性豊かな人物で固められている。 彼らの個性を演出するのが彼が見にまとうパワースーツであったり、武器なのだ。 G.I. ジョーの戦闘スタイルの特徴は最先端のメカ,パワースーツ、そして己の持つ力という印象で、それに対してコブラの最大の武器はナノマイトマシン。 科学的な印象が強く、人間兵器集団という感じ…とそれぞれ特徴の異なっている。 
 実写版『G.I. ジョー』の魅力はキャラクター一人一人の個性、アクション、世界をまたに駆けた舞台、ロマンス…など多くの見所がある。 キャラクターとして個人的に印象的なのはスネークアイズとストームシャドーである。 特にスネークアイズは沈黙を守っているために一言も話さないし、素顔も見せない謎めいたG.I. ジョーの戦士である。 謎めいているという点では、ストームシャドーにも言える。 彼の場合は素顔を隠したりはしないものの,醸し出す雰囲気がミステリアスだ。 互いにほとんど感情を乱すことがない。 スネークアイズの場合は“それ”とわかりにくいかもしれないが。 軍人スタイルの多いキャラクターの中で彼らは異色の人物。 忍という点で彼らは和を重んじているけれど、その中にアメリカンスタイルも含ませている。 西洋とアジアの対決がここにある。 韓国きってのアクション俳優と『SW』のダース・モールを見事に体現したスタントマンというマーシャル・アーツを体得した者どうしのぶつかり合いが最高だ。 近未来型ではない、生身の人間同士の戦いが熱くもあり,クールでもある。 
 デュークとリップコードのコンビはまさに時代の先端をいったアクションでもって人々を惹きつける。 ロボットと人間との融合にも見えるアクションが炸裂する場面に興奮することだろう。 パワースーツを身にまとう彼らは車で目的地へ向かうバロネスとスネークアイズと同等の戦いを繰り広げる。 見た目は車で実際は戦闘機のような車とパワースーツのどちらに軍配が上がるのか。 かなり見所である。 ドハデなアクションと言えばアメリカが舞台という印象が強いのだが、パリの街のど真ん中でこの激しく熾烈な戦いが行われるというのがこれまでにない味を出しているようですごい。 制御の難しいであろうパワー・スーツ…だが、しかしその魅力に惹かれてしまう。 もちろん、未来的なものばかりでなく現代にあるものでのアクション,軍の部隊ならではのアクションもあり,そこはバランスがとられているのだと思う。
 この激しいSFアクションの中に二つのロマンスがある。 敵同士になってしまった,かつて恋仲にあったデュークとバロネスこと,アナ、それからスカーレットとリップコードという全く対照的な二人。 この二組のおかれた状況は違うけれどそれぞれに物語があってこれもまたこの作品の魅力の一つといえよう。
 他にもリック・オコーネルとイムホテップ(※)の再共演という嬉しい特典もある。 しかも、イムホテップの方は美味しいところを持っていっている点がおもしろい。 これは続編の製作が予測される。 そこでどんな役割を果たすのか気になるところだ。 戦いはまだ終わらない。 “ナノマイト”の一件は氷山の一角に過ぎないのだ。そしてコブラの真の狙いがG.I. ジョーの知らぬところで動いているからだ。 続編の可能性はこのようなストーリー展開からも、また 原題「the rise of cobra」からもなんとなく読み取れると思う。

d0058606_024584.gif
←クリックお願いいたします。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-08-11 18:43 | 映画タイトル さ行