<   2010年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧

ゼブラーマン

d0058606_051260.jpg
<あらすじ>
 市川新市は、小学校の冴えない教師である。 家族からもほとんど相手にされないような寂しい日々を過ごしている。 そんな新市の唯一の楽しみはアクションヒーローもの「ゼブラーマン」だった。 新市の少年時代に放送され,すぐ打ち切りになってしまった番組である。 知る人の少ないこのヒーローに憧れていた新市は大人になった今、ゼブラーマンの衣装をひっそりと作っていた。 もちろん自分が着るため。 
 ある日、新市が学年主任を勤める場所に転校生がやってくる。浅野さんだ。これは運命的なものがあった。浅野さんは自分が生まれるずっと前にやっていた,「ゼブラーマン」を知る数少ないファン。 大人でさえ知らないヒーローで通じ合った事で 新市と浅野さんとの間に絆が結ばれる。 やっと出会えた気の合う友人(浅野さん)…新市は教え子を「さん付け」で呼ぶようになっていた。
 浅野さんの期待もあって,新市がゼブラーマンに仮装する頻度は徐々に多くなっていった。 悪人たちを倒していくうちに,“ホンモノ”のヒーローになっていくのだった… しかし ゼブラーマンが活躍する一方で、恐ろしい事態が近づきつつあった。

<感想>
 特撮モノらしい雰囲気で彩られた『ゼブラーマン』。 最初は主人公が少年時代に憧れたヒーローへの憧れが二人の子どもに恵まれた今でも抜けない,よく言えば?少年の心を持ち続けている大人。 でも、一方 現実の生活では 家の中でも居場所がなく,教師としても形ばかりの学年主任を任されている冴えない。 そんな毎日を送っていれば,やはりその憧れのヒーローがオアシスとなるのも,わかる気がするが、なんとなく寂しい。 ヒーローものと言えば、不思議な力がある変身道具によってヒーローになるというパターンが基本。 だが、生身のヒーローとしてのスタート…しかも特殊な力を持ってない状態のヒーローはちょっと珍しい。 特殊能力の有無という違いはあれど、スパイダーマンの最初のようにコスプレから始まっている。 最初は憧れのヒーローの姿に少しでも近づき,その気分を味わいたいだけだったはずが、いつの間にやらホンモノになっているというところが他には無いところで面白い。 下手したら ただのコスプレ好きとして見られるところの、まさかのヒーローへの転身。
 しかし、どこからスーパーパワーが舞い降りてきたのか。 そこがとても疑問なところだった。 悪モンをやっつけている間に「なんか、倒しちゃった…」というノリで次から次へとエイリアンに感染されて悪事を働く人たちを倒していく。 ツッコミが追いつかないくらいの展開…というのは一切気にしないで見たほうがきっと楽しいに違いない。 蜘蛛に噛まれたわけでもなく、発明家から七つ道具を渡されたわけでもなく,本当に「(パワーが)舞い降りてきた」という感じ。 何がどうしてそうさせたのか…
 単純明快かと思いきや、意外と深いところをついていたりする。 作品の中で紹介されるヒーロー番組『ゼブラーマン』に込められたメッセージ、それがそのまま予言書となったこと、そして新市がゼブラーマンとして活躍するがゆえに大きくなる新市の中の影…などなど。 個人的に三つ目が印象的だ。 エイリアンに感染されたとは言え、見るも無残な,またグロテスクな変わり果てた姿で ゼブラーマンの活躍のたびに本来なら罪の無い人々が命を落としていく。 悪を倒したつもりでも、新市の顔はいつも後味の悪い表情を浮かべている。 それが、続編の物語のきっかけとなる。 感謝されるというよりも ヒーローとして飛び回る姿で彼は有名となり人々から愛される…だけど、冴えない人生を送ってきた主人公にとっては人から認められることは嬉しい。そんな人間らしい主人公がここにある。 
 個人的に好きな場面が一つある。 それは息子が父親にかけた励ましの一言の場面だ。 新市の息子は、新市のダメっぷりが原因でいじめられ、しかし それに対し父親へ文句を言うわけでもなく,ただひたすら無言。 ただ忍耐あるのみ、といった感じ。 新市をどう思っているかも一切言葉にしなかった彼はゼブラーマンである父親に失いそうになっていた命を救われ、新市のいちかばちかの大勝負の目前にそっと背中を押すように新市へ「頑張って」の一言をかけるのだ。 感情すら見せなかった息子が心からの笑顔で父親を見送る姿は感動ものである。
 ゼブラカラーのユニコーンと化すゼブラーマンに対し、驚きつつも なんだかメチャメチャな感じが逆に面白いと思ったり… しかし。 ゼブラ・ユニコーンは面白いというか、意外にも美しく,思ったほど受け入れられるのは何故だろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-31 00:18 | 映画タイトル さ行

ヒース・レジャー

ヒース・レジャー

彼の演じるジョーカーは最高だ。

悪役の中でもトップクラスの狂気と優れた頭脳の持ち主を

演じてた若き名優だ。


ハリウッド映画のヒーローランキング…

堂々の1位がジャック船長。

自由人だし、三枚目的なキャラクターと言われても

かっこ良く演じてしまうジョニー。

次がウルヴァリン。これも納得♪

『アバター』のサリーのランクインは意外だったが…

このランキングで異例の悪のヒーロー、

しかもランキングの上の方にいたのが、なんと

ヒース扮するジョーカーなのだ。

前のジョーカーはよく知らないけど

絶対!こっちの方がいい!!

と、個人的には思うのである。

主役さしおいて、物語を完全にジャックしてしまうなんて凄いというか

かつてこんな事があっただろうか。

普段の控えめでシャイ(私の勝手な印象)なところからは

あまりにも想像しがたい。

『Dr.パルナサスの鏡』のときも

舞台に立ち上がった記憶喪失の男の独特な喋り方を

聞くとジョーカーが頭によぎる。


また。声にひねりを入れてないノーマルなときでも

その訛り?は少し独特な感じがする。

『Dr.パルナサスの鏡』での最初の方の場面で

箱から出された後の

「ここはどこ?私は誰?」状態のところで喋るところがイイ☆

中々聞き取りずらいけど、音の響きが

私には綺麗に思えた。

インタビューを受けている時もなんとなくボソボソって

感じで決して英語の教科書のようにクリアじゃないけど

この独特な感じがいいだよな。


作品は合わせても6作品くらいしか見てないけど

そのうち字幕で見た5作品を見る限り

どれも良くて、なんでこんなにも才能がある人が

若くして命を落とさなければならなかったのかって今も

残念でならない。


話はずれるけど、声が素敵な人,あるいは

独特なセリフの言い方をする人は

名優という称号がふさわしいよなぁ…


ちなみにジョーカーメイクが出来るまで…みたいな

面白そうなのがあった。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-30 00:45 | ハリウッドスター

拍手。

私は拍手をあまり長い間できない。

しかもいつも同じ状況で。

決して、ステージに立つ人たちを悪く思っているわけでもなく

プログラムがつまらないとか,

そういうわけではない。


体全体の体力はあるくせして

何故か手の体力はないのです。

だから人に肩もみしても,すぐ疲れる。

そんなわけで拍手で疲れちゃうのです。

それが一つ。


アンコールは嬉しいのだが

それまでに続く拍手についていけないのだ。

その先に何かもう一つパフォーマンスがあるのなら

まだいいけど、そうでないなら

鳴り止まない拍手を聞いていることに疲れる。

もう、いいって…と。


何度も言いますが催し自体に不満があるとか

そういうんじゃないんです。

ただ、手の体力と気力がないんです。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-29 02:01 | 独り言。

残念な事。

自分も服のチョイスとかセンスとかにはあまり自身がないので

人の事言える立場ではないかもしれない。

ファッションというものは頭から爪先までの範囲内に身に着けている

全てのものをトータルしたものだ。

もちろん、バックなどのアイテムも入るだろう。

カバンはいつもお気に入りのものをとにかく使う。

だから、自分でも明らかに服と合わないだろうと思うこともある。

つまり。服選びをする時は、既に持っている服だけでなく

アイテムも頭に入れた上でしなくてはならない。

こう考えると、日常生活の買い物…しかも、遊びや趣味に分類されるものでも

意外と頭を使うんだなぁ。


カジュアルやスポーティ系などを多くて、ジーンズを

毎日履く私はスニーカーがほぼ。

パンプスも使うこともあるけれど、

前者の割合が圧倒的に多い。


そんな人間が偉そうに!って感じかもしれないけれど…


靴と服、服と靴。

服全体として見て,ジャンルが不釣合いな組み合わせを

見かけることがある。

森ガール系の服なのに、靴がエキゾチックというか

グラマラス系(言い方正しいかわからないけれど)。

見る人の見方にもよるだろうけど。


そして明らかといえるのは

服がオシャレなのに靴がかなり使い古されたもので

靴と服とで時代という時差があるという組み合わせ。


今まで靴まで皆、見やしない…なんて

思っていたけれど意外と見られているというか

見るもんですね。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-29 01:43 | 独り言。

脂肪。

自分の体についた余分な脂肪。

なんだか、ぱかっと取れそうな気がしてしまうのはなんでだろう。

もし仮にすっぽりなくなって,余分がなくなったら

どれだけ、体重が減るだろう。

言い方変えれば、この脂肪の重さって合わせると,いくらなのか。

首から上よりもそれより下の部位それぞれが気になる。

一番重いところは良くわかっている。

下っ腹。

しかし、どういうわけなのか,何故かここに注目しがちで

他のところが疎かになってしまう。

色々あったな…とガックリする。


できるなら、余計な脂肪の塊を横に並べてみたい。

そして一つずつ重さを量ってみたりして。


何故だか不可能な事をやってみたいって思ってしまう。

仮に出来たとして体全体に傷跡が残るということになってしまうだろう。


脂肪は「燃焼」するという。

カロリーは消費するという。

カロリーはいいとして,脂肪を燃焼するというのはどういう事?

燃焼…つまり、燃やす。

火の代わりになるものは一体なんだろう。

運動をすると体内が温まってくる。

つまり、体内の熱の上昇により脂肪は燃えるということになる。

…って原理あってるかな?

体内が熱くなり、下げるために汗が出る。

するとカロリーは消費され,脂肪が燃焼される…

「脂肪が熱で溶ける」じゃないのかなって,ちょっと疑問。


脂肪はレントゲンで映る白い姿でしか見たことが無いけれど

実際人の脂肪はどんなだろう。

精肉で見るようなあんな感じなのか?


燃やされた脂肪はどこに行くのか。

水蒸気が空気中に溶けるように

パッと何も残さず消えるのか。

それともなんらかの形で体外に排出されるのか。


変な話。

この余計な脂肪が上に上がってくれないかなって思ったり。

マッサージの力でなんとか。

また、この脂肪はオーガスタスを演じた子役のように

精巧なパットか何かが体にくっついていて

簡単に外れるんじゃないかっていう

勝手な想像へと走らせてしまう。


さぁ、運動!運動!
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-29 01:23 | 独り言。

カボチャプリン。

d0058606_031648.jpg

今日は身内が出演する,大学の交響楽団の演奏会を見に行きました。

夜だったので、会場入る前に夕飯です。

伊勢丹新宿店・本館にある「カジュアルレストラン イセタンダイニング」。

メニューを見ると,いろんなものがあってメニュー決めるのに迷った。

パスタ、ビビンバ、ラーメン…

どれも好きなものばかり。

ってか、国籍の違う料理が一箇所で食べれるなんてね。

迷いに迷った挙句、決めたのがこのセット。

ネギチャーシュー麺と、チャーハン、杏仁豆腐、漬物というラインナップ。

言ったら「アホ」って言われるかもしれないが

チャーシュー麺ってあんまり油っこくないものなんでしょうか?

このさっぱり感はお腹に優しい気が。

決して多くない食べきりサイズ。


d0058606_0412140.jpg

そして食後のお楽しみはこれ。

全く新しいスタイルのカボチャプリンです。

これ、プリン?って疑問に思いましたが…そうでしょう。
容器に入ってなくって丸っぽくないだけです!っと思う。

食べてみるとカボチャの名残がちゃんと残っている感じで

スウィーツとして100%加工されていないのがいいですね。

カボチャの個性がちゃんと残ってる。

商品化して販売したらけっこう人気出るんじゃないかな。


☆店舗情報☆
『カジュアルレストラン イセタンダイニング』
伊勢丹 新宿店
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-28 18:03 | 独り言。

雫。

d0058606_16522273.jpg

よく熱湯とか熱のあるものの上に

サランラップとかフライパンの蓋などを

つけていると水蒸気がつく。

気体になったものが再び液体に戻るのも不思議だが

まるでアートのように形に残るのは

もっと不思議。

しかも一定の大きさではなく

まるでグラデーションのようになる。

水蒸気の濃度?が違うからだろう。

炊きたてのご飯から出る湯気が

布のような形をなしており、

決して蛇口から出る水とは同じではないように。


我が家の浴槽はステンレスっぽいやつで

水滴が縁につくと はっきり見える。

その横でシャワーを浴びると

やはり浴槽の縁に水滴のアートができる。

写真よりシンプルだがやはり大小に

分かれて列をつくるアートは綺麗だ。


水はそれ自体が絵を描く画材にもなり

画材を助けたりもする。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-28 16:52 | 独り言。

南国の果実。

d0058606_21253519.jpg

とってもとっても甘い果物。

ジュースも美味しくて(特に搾りたて)、

そのまま かぶりつくも良し(もちろん皮剥いて)。

凍らせてヨーグルトと食べても中々イケる☆

外から見ると赤くて,中は黄色。

タイトルが答えのようなものですし、

答えは言わずともわかるかもですが…

これ、何に見えます?




d0058606_2131033.jpg

そう。

宮崎マンゴーです。

先日八百屋さんでお買い得だったそうなので…

外国産より格別にうまい。

宮崎と言えばマンゴーでしょ。

ってくらい、美味しい。

宮古島で昔食べたマンゴーもかなり美味しかったけど。

宮崎マンゴー…というか、こんなに美味しいマンゴーは

かなり久しぶりに食べた気がする。

だいたい輸入物食べる事が多く。

国産との違いはその甘さである。

宮崎マンゴーは、とろ~りとした甘さで

輸入物とは甘さの種類が違う。

めっちゃ、うまい!!!!

また食べたくなる魔法の果実♪
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-27 21:38 | 独り言。

5周年。

本日、『5月26日』でここでブログを始めてから

5周年を迎えました。

節目の年です。10年の半分です。

後先考えず、5年も続くとは思っていませんでした(^^;;

最近は映画の感想もあまり頻繁には書けませんが、

でも映画を見たときにはブログを始めた当初に決めた事が

心の中で発動して、原動力となり

プログラムを端から端まで読んで,パソコンに向かいました。


これから映画を見ようと思っている方へ

映画を見る参考になれればと思いながら…


最後に、いつもご覧頂きましてありがとうございます。

試行錯誤しつつ、ちょっと寄り道しながら

続けていこうと思います。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-26 17:52 | 独り言。

本の香り。

本を読むのは、人はどんな気持ちでいる時だろうか。

落ち着いていたり,心がリラックスしている…

少なくとも心に余裕があると言えるだろう。


なんの変哲も無いように思える活字体も、

本の中で触れると不思議と“パワー”が感じる。

そして、『本の香り』、つまりは『紙の香り』とその材質が

本を楽しむのに大切な役割を果たしていると

私は思う。

物語を楽しみながら、同時に本を読むことが楽しめる。


本に使われている紙にも,それぞれ違う材料が使われていると思う。

何故だろう。 だけど、だからこそ色々な紙の香りが

楽しめるというものだ。

個人的には『ハリー・ポッター』のハードブックの香りが好きである。

他には無い特別な香りだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-25 14:35 | 独り言。