人気ブログランキング |

スプリング・カーニバル~エピソード3~

※ネタバレ注意※


今回はお土産は控えようと二日間決め込んでいたはずなのに

結局あっさり誓いを破ってしまった。

いつもよか、慎重なつもりだったけど

D24であの可愛いバックを見かけたとき,

もうやばかった。

そもそもスペシャル・イベントのスーベニアメダル探しに

あちこち行ってただけなのに…

執念深くなってなけりゃなって思ったけど

後悔はしてない。


あー

疲れたけど、楽しかったわ。

この二日間。

次に行くのはきっと三ヵ月後…

夏のイベントということになるけど

行ったことないだけに

期待が高まる。

by jd69sparrow | 2010-04-05 02:09 | ★ディズニー・リポート☆

スプリング・カーニバル~エピソード2~

※ネタバレにご注意ください※
~続きモノです~


オーバー・ザ・ウェイブ。

実のところ前に見たのだけど

真ん中の席に座り,最初から鑑賞。

実際にしゃべっているのが,ごく限られた人だけだとは。


ま、いっか。


てんとう虫のロールケーキもホワイトムースも中々の美味☆

最近ではこれらの限定スイーツがランチがわり。


とても手の込んだ,花々のオブジェの数々を

あちらこちらと駆けずり回りながら

写真におさめた。

とにかくデコレーションはなるべく多くチェック!

“ジャスミンズ・ガーデン”が一番良かったかな。

“ファンタジア”も可愛かったけどv


その後は、「レジェンド・オブ・ミシカ」と

二度目の「フェアリーズ・プリマヴェーラ」を鑑賞。


“フェアリーズ・ミート&グリート”も

かかさずチェック!!

二回ほど行ったらティンクたち妖精全員見れたので

良かった。 一度目に行った時は

一部の妖精しかおらず、二度目に行く時は

一度目にいない妖精がいたら…と

なんとなく考えていたら

違う妖精たちがそこにはいた。

一度目はティンク、ロゼッタ、イリデッサ(?)。

二度目はティンク、フォーン、シルバーミスト、そしてテレンス。

ディズニーのヒューマンタイプ(もしくはそれに近い)の

キャラクターには珍しく日本人と思われるキャストがいた。

シルバーミスト。


…毎度思うけど、ディズニーのキャラクターは

みんなわかりやすく、また聞き取りやすい英語を話してくれるがイイ☆


“ミート&グリート”と言えば,今日は見るのがお初な

『101匹わんちゃん』の悪役の女性と

ドナルドのおじさん、マリーちゃん、そしてミッキーが見れて良かった。


ミッキーはシー版のオーソドックス・スタイル。

写真を撮ろうと必死になってた自分が言うのもなんだけど

ミッキーのまわりに人が密集しすぎて

また,その人たちへミッキー自身も

スペースを作って欲しいと

合図を送っていたのに

中々みんな引こうとはしなかったため,

ほとんどミッキーは身動きできなくて、可哀相だった。


人が異常に多いところに何かある。

ミッキーもそうだったけど

雨上がりのときのアートもレア。

今回の場合、雨水というよりも,噴水みたいなやつの

水だと思うけど,実に滑らかな線で

描かれた(前回のミッキーの絵よりも数倍上の画力)

マリーちゃん。可愛すぎる。

みんな下見てるから何かと思ったわ。

by jd69sparrow | 2010-04-05 01:58 | ★ディズニー・リポート☆

Tokyo Disney SEA Spring Carnival in 2010

※ネタバレ注意※


ディズニー二日目。

この二日間こそ、万歩計をつけるべきだった。

3日もそうとう歩いただろうけど

4日はもっと歩いた気がする。

何せ,写真撮るのに広いパーク内をぐるぐると周ったから。


勘がさえることもあるんだな。

ってか、何度かシーには行ってるから

無意識に覚えているのかもわからないけど

地図なしで行きたいところ全部行けたという

方向音痴に奇跡が起きた。


*****


さてさて本題。

本日はリゾートラインを使った。

もちろん一日乗車券は買った。

今期の第一弾となる,スプリングカーニバル仕様である。

昨日歩きで今日リゾートラインで正解だったかもしれない。

リゾートラインを乗ると

隣がシーなんだけれど、進む方向がランドに向いているため,

シーの駅まで行くのにほぼ一周する。

舞浜駅からリゾートラインに行く途中で

リゾートラインの列車にスペシャルイベントの柄が

ついているのが目に入ったものの,

どうもその列車は一台だけのようで、

行き帰り共にノーマルな列車だった。


さらに、なんと

ホームにもバッチリとティンクたちの模様。

既にイベントはここから始まっていた。


入場ゲートをくぐるともうそこには

華やかなデコレーションがお出迎えだ。

写真を撮りつつ、前進し

メディテレーニアンハーバーが見えてきたところで

『フェアリーズ・プリマヴェーラ』のための

列に並んだ。

立見席だったけど、逆に良かった。

あまり前過ぎても全体を見るのに不便だからだ。

近くでキャストやキャラクターを見れる特権はあるのだが。


が、しかし。

あとからもっと前の方が良かったことに気付く。

ショーの途中でそこにいる全員が立つだなんて予想外だった。

でも、とても楽しめたと思う。


キャストの人たちは相当体力を消耗したことだろう。

あれはかなり,やっているの方は疲れるに違いない。

…なんて思ったり。

by jd69sparrow | 2010-04-05 01:30 | ★ディズニー・リポート☆