人気ブログランキング |

2010年 07月 24日 ( 8 )

戦争。

終戦記念日が近いということもあるかもしれないが、

毎年夏になると話題になる“戦争”の脅威と愚かしさ。


戦争が終わっても、

地雷や不発弾が今も尚

残されている。

なんという不始末さ。

そもそも、そんな危険物をばら撒くことじたいが

間違っている。


何故、その身勝手さの代償を

払うのが国民でなければならないのか。

どうして、当事者ではなく

外の人たちに後始末をさせるのか。

国民がすることだって

本来ならおかしなことだ。

もっと国が力を注ぐべきことなのに…


兵器のために

その被害により、体を患っている人が

大勢いる。


なのに、アメリカやロシアをはじめとする

国々は,広範囲で広がる凶器を

持たないことへサインしない。


はっきり言って…

外国に対してビビリ過ぎなのではないだろうか。

強い国であるというプライドが非常に高い。

なんでそんな、強くなくてはならないのか。

凶器の恐ろしさをわかっておきながら、

そんなことじゃ、

そういった国々が言う“平和”の真実味が

感じられないではないか。


いつなんどきのためにではなくて、

そんな“時”が来ないように

努力することが先決だろうが。

武器を使わずに解決することだ。


これから未来がある子供たちにまで

被害および、

彼らは無邪気ゆえに

被害に受けやすいというなんと酷い現実。


武器に使うお金あるなら

貧しい国々を,自分たちの祖先の行いにより

負うべきでない傷を負った人たちへの

ケアに資金をかけるべきである。

by jd69sparrow | 2010-07-24 22:46 | 独り言。

睡魔との格闘。

今、ここでブログを更新している部屋は

自分の部屋。

ノートパソコンの前に私はいる。

デスクがあるが、

椅子はあまり心地よくない上に

よく物置にしてしまうので

使うことがあまりない。

地べたに座り、

手作りで専用の机の上に

パソコンを乗せて

タイピングをしている。


ここで問題なのが

夜 必要なだけ起きていること。

中々睡魔には勝てない。


一度横になってしまったら

ほぼ寝てしまう。

横になったら9割がた,今日は強制終了になってしまう。

なんとか機をふりしぼって

起き上がっても

中々持続するのは難しい。

そのくせ、ごくたまにだが

うたた寝して起きたときの方が

集中力がぐんとあがることがあり、

深夜までバッチリ目が開いていることもある。


居眠り対策として

座椅子が一つ部屋においてある。

これで持続力は少しだが上がる。


居眠りはしなくても

物凄く目がかすんでいることがよくある。

目をこすってもこすっても

目の前の視界はよくならず、

ぼんやりのまま、ブログなりサイトなりを

見ていることも結構多い。


そんなわけでただいま、奮闘中。

by jd69sparrow | 2010-07-24 22:28 | 独り言。

ゆずぽん。

あるテレビ番組で、

様々な斬新な音を紹介してくれるものがあった。

私はそこで是非紹介してほしいものがある。


それは、「ゆずぽんの音」。

最初蓋を開けて僅かな時間しか

聞くことはできないけど

毎回その音に癒されます。


新しいものを使おうと、

棚から出したばかりの“ゆずぽん”。

中の蓋を開けて

豆腐なり,鍋なりに入れるとき

“あの音”が出る。


「トクトクトク…」


という、少しスピーディな音。

柚子の香りを味わった音に

この音を聞く。

なんて風情のある音なんだろう。


あまり空気が入ってないと

いい音するんだな。

しばらく冷蔵庫にしまっていると

空気が入る影響で

きっとその音がしなくなってしまうんだろう。


だから、毎回ゆずぽんを開けるのが

とても楽しみなのである。

音は人を楽しませてくれる。

by jd69sparrow | 2010-07-24 22:17 | 独り言。

情報。

日本のメディアを見ていると

海外で起こったことなど、

同時多発テロ並みに凄い事件ではないと

日本人の被害者のない事件については

報道されにくい。


でも、どうか報道してほしい。

たとえ、遠い国のことだって関心を持つ人は

たくさんいる。

私もその一人だ。

関心ない人はないかもしれない。

だけど、時代は変わってきているのだ。

これも、ある教養番組で

取り上げられたことだけど、

こうやってわが日本人の

興味の幅が広がっているのだから

もっともっとワールドワイドな情報をお茶の間に

届けてほしいと私は願う。


一見、日本には無関係と思えることも

実は“つながり”があったりするし、

何よりあまりに私たちは知らなすぎる。


もっともっと世界を知れば

私たち日本人の心も

変わっていくはずだ。


自殺者が増えている昨今だが

命のことをもうちょっと考えるかもしれない。


私たちは、知りたいのである。

なんだか,報道されるニュースの中には

報道するほどのことでもないことも

ちらほら見かけるような気がする。


エンタメだって息抜きとして

必要だから

ちょいちょい,7:3くらいの割合で

入れてほしいけど。


矛盾してるかな?

でも、すべての人が世界をまわれるわけではないのだから

せめて日本にいながらでも知れるように

メディアにどんどん取り上げてほしいのである。

by jd69sparrow | 2010-07-24 22:09 | 独り言。

777

つい、うっかり。

前回の記事と内容が入れ替わってしまった。

全快の記事を記念すべき、

『777』番目の記事の報告としようと思ってたのに。


…って、どうでもいいかっ。


五年もやっていて、この量は少ないのだが

(ちなみに計算があってたら現在の記事数では、二年と一ヵ月半分の数)

なんか“スリーセブン”なのが

いいなぁと思ったのだ。

なんかいいことありそう…みたいな。


まぁ、狙ってこの数字にするより、

偶然そうだったってことで

後で発見して

「おおっ」って自分の中に

しまっておくだけにとどめた方が

いいかもしれないけれど。


中々ネタがないときは、

本当にないんだけど

なるべく,あと二年半強くらいの

遅れが取り戻せるよう

気合入れてブログ書くぜよっ!

by jd69sparrow | 2010-07-24 21:58 | 独り言。

捕鯨。

今、問題になっている捕鯨問題のことを考えてみる。

世界には、捕鯨をしている国としていない国とがあり、

日本は古来より行っている。

現在の割合的には

捕鯨をしていない国のほうが多いようだが

昔は、もっと多かった。


ヨーロッパ諸国でも

昔は捕鯨をしていたが

現在はその必要性がないために

行っていない国が多い。


そもそも、日本は食用として利用することが多いが、

目的は調査である。

今どれくらいの鯨が世界に存在するのかというものだ。

それは、鯨が増えすぎると

私たちが食べる魚まで鯨が食べつくしてしまうから。

だから、食用として食べるのだ。


※『学べるニュース』を参考


今まで美味しいと言って食べていた魚が

食べられなくなってしまうのは

確かに寂しい。

だけど、その魚なしでは生きていけないのだろうか。

あくまで人間の都合であり

人は地球という星に生かされている

生き物の一部に過ぎないのだから

自然のままにしておくべきではないかと

思うこともある。

魚屋さんは困るだろうけど…

これは,あくまで反捕鯨派側的な視点だ。


逆に考えてみる。

かつては捕鯨を行っていた国々が

日本を始めとした捕鯨国を批判しているが、

自分たちもしていたのに

なんでそう批判できるのか。

鯨の油を多く使い、油を採取した後の

鯨の命を兵器で捨てていた国が、

何故手のひら返して

そんなことが言えるのか?

しかも、自分たちの力を強めるがごとく、

まわりを巻き込んで

反捕鯨派を増やしているという…


説得力がない。


過去は過去、今は今。

…という場合もありけりだけど

なんだか腑に落ちない問題である。

by jd69sparrow | 2010-07-24 21:51 | 独り言。

おじいちゃん。

数年前から、よく見かける

おじいちゃんがいる。

我が家の近くで、あるいは最寄駅で。


なんだか、弱弱しくて

小柄なおじいちゃんだけど、

きっと芯がしっかりしてるんだろうなぁ。


いつも、出勤スタイル。

だから、どこかで現役で働いてるんだろうなぁ。

寡黙な感じだけど

笑ったら可愛いんだろうなぁ。


最初は失礼な事に

すぐ倒れてしまいそうだなんて

思ってたけど、

けっこう元気なのかも。

じゃなきゃ、現役で働いてないって。


よく「生涯現役で」とか、

「死ぬまで頑張るんだ」って声を聞かせてくれる方々を

テレビを通して見かけたりします。


「生涯現役」…

いい言葉だなぁ…

私もそんな言葉が言える様な職につきたいな。


なんだか、そんな人生の先輩の言葉を

聞いていると

こっちまで元気になるよね。


私がよく見かける,おじいちゃんも

きっとそうなんだろうなぁ。

赤の他人で

そのおじいちゃんのことは

何も知らないけれど

長生きしてほしいなぁとか

仕事頑張って!って応援したくなる。


きっと、そのおじいちゃんを

見かけなくなったら

寂しくなるだろうと思う。


いつも図書館の方から

歩いてくるから

そこで働いてるのかなぁ…なんて

おぼろげに考えたりするんだけど

中々聞く勇気がない。

あぁ…ここらへんで

ヨーロッパの国の人みたいに

フランクに声かけられたらいいのになぁ。


今度図書館に行ってみるかな。

by jd69sparrow | 2010-07-24 19:00 | 独り言。

日傘。

今年、人生において初めて

日傘を買った。

日傘と言えば、ご婦人というイメージ。

まだまだ縁は無いなとばかり思っていた。


だけど、もう毎日35度を越える

暑さと日光となると

もう必需品だ。


特にディズニーなどへ

今行くようなことあらば、なお更。

一日炎天下にいたら

真っ赤になり

ゆくゆくは黒くなってしまう。


もう手遅れなくらい

日焼けをした後だったが

ついに買うことを決意し、

先週あたり買いに行ったのだった。


最近はシンプルなものや

デザインチックな

若者に抵抗がないものが多いし、

地球温暖化で

暑くなる一方だから

一人一つ、

男女を問わず持っているべきじゃないかと

思うくらい。


だからこれからは、

男性向けの日傘があっても

いいのでは?

…と思うのは私だけだろうか。


日焼けクリームを塗りたくるのもいいのだが、

日傘一本で済むのなら

このご時世

それに越した事は無いだろう。

日焼けクリームを何本も買うより安いはず。

五百円や千円という安価のものあるようだから。


これから外出には

手放せない。

by jd69sparrow | 2010-07-24 17:40 | 独り言。