人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 55 )   > この月の画像一覧

インセプション

d0058606_1273165.jpg
<あらすじ>
 コブは他人の夢(潜在意識)へ侵入し、“アイディア”を盗むスペシャリストである。 つまり、コブは企業から依頼される商業スパイだ。 コブは相棒のアーサーと共に、サイトーという名の謎の男より、アイディアを盗もうとしていたが、モルの出現で動揺した挙げ句,仕事は失敗に終わる。 サイトーに腕を試されていたのだ。 彼は、過去の犯罪暦の抹消と子供たちへの再会を条件にコブへ仕事を依頼する。 それは、コブたちの稼業にとって,かなりの困難な仕事だった…。 “インセプション”。 今度の依頼はアイディアを盗むのではなく、他人にアイディアを植え付けるというもの。 コブは子供たちに会いたい一心ですぐ承諾する。
 サイトーの依頼は彼のライバル企業の御曹司ロバート・フィッシャーを標的に,ロバートに父親の会社を潰すアイディアを植えつけること。 そのためにコブはその道のプロ,仲間を探す。 彼のもとに集まったのは四人…アーサーは敵のリサーチ、イームスは夢の世界で他人に化ける,“偽造士”、アリアドネは夢を自由に築き上げる“設計士”、ユスフは集団を一つの夢に結びつける“調合士”であり、サイトーは見届け役として加わり、六人でターゲットへの“インセプション”を狙う… 

<感想>
 現実と夢とが見事に融合したのがこの作品。 空想的であり、現実的でもあるという。 まさにそうだ。 共感できうる場所が随所に存在する。 どこからが夢で現実なのかが,わからなくなる迷路のようである。 彼らは夢からさらなる深い夢へとその足を向けていくのが,凄く面白い。 たとえば、第一の夢の段階での影響は第二段階の彼に影響を与えるという設定とかもそう。 そこから斬新で美しい映像が生まれていく。 第一段階で車の中にいる彼らだが、その車が落下すると第二段階に入る彼らの世界は無重力となり,世界が回転するというのも面白い。 
 どこの場面をとっても印象深いのだが、記憶に強く残るのは前半のアリアドネとコブとのツーショットだ。 アリアドネは、コブの義父マイルズの教え子でまだ大学生。 そんな彼女を“設計士”として戦力にするため,コブは夢の世界へとアリアドネを連れ込み、訓練を施す。 まずは街角で爆発が次々と起こり,モノが細々とまるでアートのように飛び散っていく様子、そしてアリアドネが天変地異としかいいようのないものを作っていく…世界を曲げるとでも言うべきだろうか。 ある一点から道がが正方形のように曲がり始め,横向きになったかと思うと曲がり始めたところから自分たちが立つその場所へと動きくっつける。上下さかさまの世界どうしが背中合わせに,空と空とで密着するという映像が最も印象に残った。 その後のくだりでも景色がガラスとなり割れるところなんかも凄く綺麗で印象深い。 
 アリアドネは初めてコブたちの動くビジネスの世界に飛び込み、興味津々。 子供の反応を見せる、そんな彼女がコブの理解者になるとは…コブの抱える秘密や本心を偶然にも知ってしまったからだけど。 恋人までとはいかないが、アリアドネはコブにとって必要不可欠の存在になっていく。 容姿は子供であれ,そこには大人のアリアドネがいた。 
 コブたちが行く夢の世界は三段階とプラスアルファ。 早い話、四つの世界をわたることになる。 各世界に一人が残留し、夢の深みへと進んでいくものを安全を確保する役目を果たすのだが、どの世界でも危険が迫り,第一,第二段階で残ったユスフ、アーサーはそれぞれの世界で仲間をなんとか危機から脱するために仲間達を“キック”…つまり、起こそうとする。 それが第三段階まで進んだものたちへのタイムリミット狭めていく。 時間との戦い。 前の世界での数分がその先の世界では何十分・何時間となるのがせめてもの救いの中、迫りゆく時間の中で、ターゲットへのインセプションを命がけで進めていく…その緊迫感が見所の一つといえよう。
 夢のことに関して色んなことを考えるようになるだろう。 ここでは第一段階からどんどん深いところへと進むけれど、個人的には(というか、普通は?)その逆で第三段階から第一段階へと進んでいく感じ。 夢から覚めたと思いきや、まだ夢の中にいるという二重の現象がそれである。 夢の中に他人が侵入するというのは、非現実的なことだけれど、しかしリアリティたっぷりに描かれている。 それは標的のロバートが体現している。 夢を夢だと気付かないところとか。 あと、コブがアリアドネに忠告する言葉で、記憶で夢の世界を設計してはならないという点。 夢は通常、実際にありそうでない景色で出来ていて、本物のようで本物ではない。 だから人は、夢と現実との区別を明確にすることができる。 ただ、本物の世界と似すぎてしまうとその区別がつかなくなる…実際、個人的にもそれと似た体験をわずかな時間の中でだが、体験したことがある。 夢の世界とはいえ、モノに触っている感覚も…時に、歩いている感覚でさえもリアル。 いくつかの感覚において,とても実感がわくものがあるから、恐ろしい。 そういった面で、この映画で主人公たちが夢の世界で現実に動き回るのがリアルに感じる。 また、“設計”という面でも似たようなことが起こりうる。 例えば、魔法を使いたいと思えば、夢の世界では使えるように。 現実を考えても、ごくたまに 現実なのに夢の世界を歩いているような感覚に陥ることだってある。
 舞台は日本や中東、ヨーロッパ、カナダの?雪山、アメリカと次から次へと場面が転換していく。 その中でも日本は特別な雰囲気を醸し出していた。 日本のイメージって海外からはこうなんだなぁと改めて思う。サイトーの豪邸は極道っぽくもあるけれど、明治の頃の日本の雰囲気も醸し出している。 少し強烈な気がした。
 しかもそれは、冒頭から始まるのだが、サイトーがいきなり,かなりの年を取っており、コブも漂流してきた様子。 何が彼らの間であったのか,ということにかなりの期待がかかる。 そして、クライマックスでこの場面にもう一度再会する。 つまり、過去から現在へとたどり着いたということ。 最後まで見た後、何故この場面が冒頭に来たのか、その意味を考える。 意味あるものだが、なんだろう?と、なんとなくつかめているつもりだけど…
 『インセプション』の世界は作り手が得意とするダークな世界だけれど、最終的には感動が待っている。 しかし、最後の最後のトーテムの動きが いろんなふうに取る事ができるが 私は良い方に考えるようにした。第一印象としては、どっちつかずの終わり方という感じだった。 つまり、最後コブが行き着いた場所は現実とも夢ともとれるということ。 どちらかといえば、トーテム,コマが止まったように見えるのだが…回る駒の音の乱れ的に。 やっぱり夢だったのか…とやはりダークなままで終わると思いきや,最後の最後で“現実”が証明されたと考えている。

by jd69sparrow | 2010-07-27 01:44 | 映画タイトル あ行

トイ・ストーリー2(2回目)

d0058606_0171673.jpg
<あらすじ>
 アンディがサマーキャンプに行くことになった。 ウッディは一緒に行く予定だったが、あるハプニングにより置いてかれてしまった。 片腕がちぎれてしまたのだった。 がっかりするも束の間、家の下ではアンディの母親がガレッジセールの準備をしていた。 声が枯れ、忘れさられていたペンギンの人形ウィージーは、がレッジセールに出されてしまう。 そんなウィージーを救おうと、ウッディは救出に向かうが、ウィージーは救えたものの,自分が買い物に来たオモチャ屋アルに持ち去られてしまうのだった。 
 ウッディがたどり着いたのはアルのおもちゃ屋の事務所。 そこで意外な事実を発見する。 迎えてくれた,ジェシーとプロスペクターの二人から、ウッディがいかに貴重なオモチャであるかを聞かされたのだ。 放送途中で打ち切りとなった幻の番組のヒーローがウッディだったのだ。 アルは金儲けのため、ウッディと二人をセットに日本の博物館へ持っていくことを企んでいたのである。 
 かつて、自分を救ってくれたウッディのためにバズは立ち上がる。 数人の仲間を連れて,ウッディ救出作戦が始まる…

<感想>
 今回、ウッディが何者なのかということが明らかにされる。 おもちゃの冒険物語だけではないというのが、少し意外だった。 実はとても貴重なおもちゃだったという。 それを知って(ウッディが)浮かれないはずがない。
アンディのおもちゃたち,つまり昔からの仲間達をとるか,新しい仲間を取るかの選択を迫られるウッディだが,あくまで,その選択には仲間思いというウッディの長所が描かれているところが,いいなぁと思う。 いつだって、仲間のことを考える。 倉庫行きという孤独の生活に送られてしまうかもしれないという理由で,新しい仲間ジェシーを選ぶのだから。
 シリーズに共通するのが冒険、絆、救出劇に…おもちゃの運命ということ。 「1」ではウッディがバズを,「2」ではその恩返しにと,バズがウッディを,「3」ではウッディが同じアンディのおもちゃたちみんなを… これだけでも感動かつドラマティックである。 今回においては、バズの義理の熱さ(厚さ?)がとても心に響いてくる。 この仲間への思いの強さがウッディとバズとの共通点であり,相棒として彼らを結ぶ“絆”なのである。 
 バズはかつては自分がおもちゃであるという現実を受け入れず、スペースレンジャーと思い込んでいた。 今回は、そんな過去の自分を客観的に見ているバズがいるという光景がとても面白かった。 スペースレンジャーと思っているバズはボケである。 そして、アンディのバズはツッコミ。 
 「3」を見た後だと、復習にもなる。 あの三体のエイリアンとミスター・ポテトヘッドとの出会いやバズとジェシーの恋の?始まり、アンディのウッディへの思い…などなど。
 個人的に一番の感動ポイントは最後の最後だ。 偶然にもアンディのキャンプ前のときと同様,腕がもげてしまったウッディをアンディが直したところである。 アンディは言う。 「キャンプに(ウッディを)もって行かなくて良かった。 持って言ってたら腕が取れてた」と。 その言葉からも、また,アンディが修復した後のウッディの腕の太さを見ても、アンディがウッディを大切にしているという思いがよく伝わってくるからだ。
 それと。 ウッディにバズ、そしてジェシーやブルーズアイ(ウッディの愛馬)、その仲間達がアンディの期間を全員そろって出迎える格好で待っていたということも印象深い。 アンディは母親が自分のためにしてくれたと思っているけど、それはオモチャの持ち主への感謝と愛情表現なのである。 それがなんだか心温まる。 いつも偶然遠くに連れて行かれるオモチャたちだけど、必ず持ち主の下に帰ってくるというのも凄いというか、そこにオモチャたちのアンディへの思いが感じられる。
 イーサン・ハントもマクレーン警部補も顔負けの?大冒険である!!

by jd69sparrow | 2010-07-26 00:26 | 映画タイトル た行

新アトラクション@TDL

さてさて。

新アトラクションはシーだけではない。

ランドにも同様、

二つのアトラクションが導入されるそうだ。


一つは『ミッキーのフィルハーマジック』である。

これは他国のディズニーリゾートにも

あるアトラクションで

その名のとおり音楽がテーマ。

魔法のような美しい映像マジックが楽しめるに違いない。

加えて、このアトラクションにちなんだ,

お土産ショップも出来るらしい。


もう一つは、『シンデレラのフェアリーテイル・ホール』。

『シンデレラ城ミステリーツアー』が終了し、

次に何が出来るかと

気になっていたけど、

やっぱりシンデレラ城なんだから

『シンデレラ』のアトラクションじゃなきゃね。

当たり前だけど。

前回がブラックな感じでシンデレラじたいは

登場しなかったけれど

名前からすると、

なんだか今までとは

間逆のタイプのアトラクションになりそうな気がする。


いずれにしても…

出来てすぐはかなり混むだろうし

時間が経ってから

楽しむ方が良さそうだが

とても楽しみである。


(※参考:Wikipedia)

by jd69sparrow | 2010-07-26 00:02 | ★ディズニー・リポート☆

新アトラクション@TDS

先日小耳に挟んだのだが、

ディズニーシーに新アトラクションが

出来るらしい。

『トイ・ストーリー』!!

ランドの方に出来そうなイメージだと

個人的には思っているのだが、

ランドには既に『モンスターズ・インク』があるからなのかな。

ゲスト参加型のニュータイプな香り。


調べてみると

なんともう一つアトラクションが

増える上に、新しい夜のショーも開催されるようだ。

アトラクションは

『アラジン』のジャスミンが主人公のライドタイプのアトラクション。


一方、ショーの方は11月中旬頃、現在の

『ブラヴィッシーモ』が見納めとなり、

それに変わる,

『ファンタズミック!』というものになるらしい。

カリフォルニア発の

このショーは日本のディズニーが

アレンジをしたショーとなるとのことである。


考えてみれば、

クリスマスの夜のショーも去年

幕を閉じたことで

今年は新たな素敵なショーが新しく始まるだろう。


11月のその日までに

もう一度『ブラヴィッシーモ!』を

見ておきたいですね。


(※参考:Wikipedia)

by jd69sparrow | 2010-07-25 23:52 | ★ディズニー・リポート☆

床と天井。

小さい頃からそうだった。


なんとなく、仰向けに寝転がり

天井を見つめていると

思うことがあった。


もしも、天井が床だったら…?

つまり天地が逆だったらということだ。

我が家は和室と洋室とが半々くらいで

それを区切るのが

扉ではなく

戸なので、

夏なんかは

戸を全てあけた状態で

空気を通りやすくする。

そんな状態にすると尚更、

その考えが発展していくというか

想像しやすい。

意外とおかしくないかも?って

思う。


こんなことを考えていたら

空がもし私たちの足元にあったら

また面白いなぁ。

足元が毎日変化するってさ。

青空を歩くなんて

ホント夢のようだ。

だけどそしたら太陽はどうなるんだろう。

地に潜り、地から地上へ

上るってことになるのかな?


実際にありえないことだけど

想像する楽しさって最高だなー。


もしも、吸血鬼のように

頭に血などのぼることなく

平然と歩けたら面白いだろうな。

by jd69sparrow | 2010-07-25 17:26 | 独り言。

疑問。

些細なことから

大きなことまで様々なことに

疑問を持つ。


まるで子供に帰ったかのように

アンテナを立ててみると

いろんなことが不思議に思えて

「なんでだろう?」

ってことがたくさんある。


きっと掘り起こしていくと

人の数だけ

疑問が転がっているんじゃないかなぁとか思う。


最初は気にしていなかったが

後々考えてみると

何故だろうってことも多い。

そんなときさらに疑問。

どうして気にならなかったんだろう、と。


やっぱり、その時々で

人の見方というのは

変わっていくものなんでしょうね。

人間じたいが変化していけば

見方も変わる。

なんで変わるのかはよくわからないけど。


でも、いろんなことに

目を向けて、

「なんでだろう」って

考えることこんなに楽しいなんて

新たな発見である。


人はこの喜びを常に

持っているべきだと思う。

それだけで、

生きていることが楽しく思えてくるのだから

そう簡単に自分の人生を

終わらせるわけには行かないし、

終わらせるべきじゃないよね。

by jd69sparrow | 2010-07-25 17:16 | 独り言。

言葉。

私たちが学校で必ず学ぶ外国語と言えば

「英語」である。

今、学ぼうものなら

まずは英和辞書とかで

調べて英語を日本語に直す。


不思議なのが

日本に初めて英語がやってきたときなど

外国語が輸入された起源。


どうやって「hello」が「こんにちは」だと理解できたのか

というふうに。

今、いきなり外国に放り込まれた時と

同じだ、って言ったらそれまでだけど…


挨拶ならよくわかるけど

難しい事だってある。

もしかして、活用辞典が示すように

簡単な英語とか、わかる英語を分で並べられることで

説明されてだんだんと新しい英語を,外国語を

私たち日本人は習得していったのかな。


英和辞書を見ると

けっこうそれは

気が遠くなるほど

時間がかかったことだろうと思う。


そもそもどうやって言葉は生まれてきたのだろう。


もともとは世界で言語は

ただ一つで

バベルの塔を天高く建てすぎたことで

神の怒りにふれ、

人々の言葉をいくつもに

分断したという。


でも、そういう説を抜きに考えたら

どうしてこんなにも言語には種類があるんだろう。

どうして言葉を統一できなかったのだろう。

しかし、考えてみると

学ぶ大変さはあるけれど

同じであるよりも

国によって違う方がその国の個性があるから

かえってこの方がいいのかなぁと思ったりもする。


世界に通用する言葉として

代表的なのが

「英語」。

ヨーロッパに行った際も

困った時はわかる範囲の英語を使う。


世界はまた、一つの言葉で統一されようとしているのか。

もし、そうだとしても うんと先のことになるだろうけど

仮に英語を話す人たちが

世界的にもかなり割合をしめるようになり

みんながみんな英語を

話すようになったらどうなるのかな。


国によって人種の特徴が違うのも不思議だし

言葉が違うのも然り。

このままであって欲しいと思うのだが…

もしもってことはあるのだろうか。



…って自分でもなに言ってるのかよくわからなくなっちゃった。

それじゃ、ダメじゃん…

by jd69sparrow | 2010-07-25 17:06 | 独り言。

ふっと。

一人、自分の部屋でパソコンをやってるとき

けっこう集中しているようで

急に部屋の向こうから

声をかけられると

寝ているわけではないのに

何故か眠りから覚めたかのような感覚に。


なんだか「びくっ」となり、

ちょっと怖い感覚。

なんでだろうなぁ。


自分はあまり集中力は

ない方だが

無意識でいる時に

集中力が発揮される。

…って、意識して集中したいものだ。


時と場合によるけど

なんだか

心臓に悪いような…


ふっと我に返るのです。

by jd69sparrow | 2010-07-25 16:44 | 独り言。

痺れ。

足がしびれるとき、

足の神経がある状態に陥っているんだよな。


足の裏だけで済んでくれたら

何よりだが

下手に動いたりすると

太もものあたりまで

痺れが込み上げてくる。

あれってなんだろう。


もし、そんな状況になろうものなら

しんどい,この上ない。

まず、動けない。

動いたら体をのけぞって大変なことに。


体がしびれたら

みんなはどうするだろうか。


もし足の裏がしびれた場合。

私はわざと足を床に打ちつけて

早いこと痺れがなくなるように努めます。

けっこうキツイが。

でも、長引くよりいいです。

長引けば長引くほど

痺れの範囲が広まるからだ。・

あるときは、

靴下の上にさらに分厚い靴下でも

はいているかのように痺れる。


手のひらが痺れたら。

どういうわけか、

頭にその手を置きます。

手が痺れている時にそうすると

何かしらの“気”が頭に送られ、いいことあるんじゃないかなぁと、

思ってしまうのだ。


こんなこと感じるのは恐らくは自分だけかも?

by jd69sparrow | 2010-07-25 15:51 | 独り言。

呪文?

毎週,週末には夜、ビールを飲みます。

と言っても、あんまり多くは飲まないのですが。

何杯か飲んで食事を終える。


数杯くらいじゃ、顔も頭の感覚も

ほとんどシラフ状態です。


んで、「あれ?酔ってないんだ。すごいね」

って言われる。

だが、それが呪文かのように

そう言われた瞬間、

少しだが

酔った感覚がふっと表れるのである。


なんでだ???


自分で自覚症状がないときは

人に言われると実感してくるんですね。

そこでそういえば!

って体が正直な反応を示すのだ。


感覚麻痺?


それともある種の催眠??


なんだか不思議だわぁ。

by jd69sparrow | 2010-07-25 15:43 | 独り言。