人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Happy Birthday to Johnny!!

2011.6.9.Thu.


d0058606_23565358.jpg


Happy Birthday,dear Johnny!!


日付が変わろうという瀬戸際にようやく

更新できました。

今なお、若々しく かっこいいジョニー。


これからも映画が楽しみだ☆


そのかっこ良さは

見た目や役者としてだけじゃない。

誕生日が

”ロック・ユー”(6月9日だけに)なんて

羨ましすぎるではないか。

単純に“ロック”でもかっこいいけどね。

by jd69sparrow | 2011-12-21 23:55 | ハリウッドスター

セサミ・ストリート。

2011.6.7.Tue.


d0058606_21454584.jpg



小学生くらいのころだっただろうか。

よく『セサミ・ストリート』を観ていた。

大人になった今、

無性に観たくなりました。


他の目的で検索かけていたのですが

偶然見つけました。


それはテレビの前の子供たちに向けて

単語の意味を教えてくれるコーナーである。

(単語の意味の他もあるが)


なぜ、これに目が留まったかというと

ハリウッドスターから

ファースト・レディまで、名だたる人たちが

セサミのキャラクターたちと共演しているからである。


エルモの明るいキャラクターに改めて魅力を感じます。

そして、いろんな有名人と共演しているなんて

羨ましい。


それにこのコーナーを観て

勉強できるアメリカの子供たちが羨ましい。


ボキャブラリーに乏しい自分には

わからないものもあったけれど

比較的わかりやすく英単語が紹介されている。


きっと英語を学ぶ全ての人に

良いかもしれない。


アメリカの親たちの多くは

子供が小さいうちから

セサミを見せており、

子供にいい影響をあたえているという。


私も将来見習いたいなぁ。


▼プレイリスト(※一部)▼

デイヴィッド・ベッカム

ミシェル夫人

ジャック・ブラック

ジュード・ロウ

ヒュージャックマン♪

by jd69sparrow | 2011-12-20 21:44 | ドラマ・その他

誰でしょう。

2011.6.7.tue.


d0058606_1211438.jpg



シュワちゃんの横にいる人は誰でしょう??


d0058606_1243726.jpg



↑ヒントはこの写真…。

いつの写真だろう?????

正解は…


d0058606_1265082.jpg



ロバート・パトリックさん。

ファンの方なら即答かもしれない。

写真で多分わかるかもわかりませんが

『ターミネーター2』のT-1000です。


d0058606_1305614.jpg



一番右端にいるのがそうだと思うけど

なんだか…

ミッキー・ロークっぽい??

かなり貫禄ついています。


全然違ーーーーうってビックリでした。


d0058606_1331346.jpg



まさか、こんな強烈なフィギュアがあるとはなぁー

by jd69sparrow | 2011-12-19 01:17 | 独り言。

京楽さん。

2011.6.7.Tue.


ちょっとオタク的な話。


『ブリーチ』に登場する,隊長の中で

一番ゆる~いのが京楽隊長というのは言うまでも無いが

同時に好きなキャラクターでもある(個人的に)。


大塚明夫さんと言えば、

スティーブン・セガールの吹き替えとか、『日曜洋画劇場』の

ナレーターでお馴染みである。


男くさいキャラ、渋いキャラを始めとする

色々なキャラクターを演じられているけれど

個人的には、大塚さんの声で好きなのは


京楽さん。


あのゆるさが好き。

大塚さんのハマリ役??


京楽さんの相手役と言えば、

浮竹さん。

声は、石川英郎さん。


この二人、『戦国無双』シリーズでも共演。

ま、関係性は全然違うけどね。


石川さんは浮竹もいいけれど、

渋いところで

『FF10』のアーロンが好き。

秀吉の声と同じ人とは思えないくらい

ギャップがある。


あと、中尾 隆聖さんのマユリもハマリ役だと思う。

フリーザよりもマユリがいいんだよなぁ~…。

by jd69sparrow | 2011-12-18 00:42 | 独り言。

罪逃れ。

2011年6月6日(月)


今、とある会社の隠蔽体質がメディアに取り上げられ

大きな波紋を呼んでいる。


人はなぜ、嘘をつき,罪から逃れようとするのだろう。


罪から逃れようという人は、身近にもいるもの。

人づてに聞いた話で改めて実感した。


どうして、素直に謝ることが出来ないのか。


誰がどう聞いても 嘘にしか聞こえず、

さも他人の汚点だと主張し,自分のやってしまったことを

他人のせいにするなんて。


『罪逃れ=責任逃れ』


無責任としか思えないだろう。

とある会社の最高責任者もそう。

あれで責任とったことになるのだろうか。


全然関係ないけど、

犯人探しをするのも時として

空気を悪くするし、

たとえ自分に非がなくても

「私じゃない」と連呼するのもなんだか聞き苦しいものがある。

by jd69sparrow | 2011-12-17 00:30 | 独り言。

パイレーツ・オブ・カリビアン At World's End

2011.6.5 Sun.


d0058606_22594211.jpg
<『デッドマンズ・チェストのあらすじ>
 キャプテン ジャック・スパロウは、ブラック・パール号の船長。 しかし、パール号には中々長く乗ることが出来ない。 ジャックはバルボッサとの戦いの後、パール号に戻るが かつて パール号の船長になるために交わした,“デッドマンズ・チェスト”のツケを返す時が迫っていた。 フライング・ダッチマン号の舵を取る,デイヴィ・ジョーンズとの契り。 ツケの清算することを拒むジャック。 彼の野望は鍛冶職人ウィルと総督の娘エリザベスを巻き込み、ジャックは、ディヴィ・ジョーンズに捕らわれ,死の世界へ。 ウィルやジャックの相棒・ギプスらは、ジャックを救うべく立ち上がり、そのための切り札として現れたのは 死んだはずのバルボッサだった…。

<『ワールド・エンド』のあらすじ>
 東インド貿易会社は、海賊たちの気ままな生活を脅かす天敵。 そして海のモンスターと化したディヴィ・ジョーンズ…バルボッサたちの目の前には強力な敵が立ちはだかっている。 東インド貿易会社を牛耳るのが ベケット卿。 ベケット卿は,権力を駆使し,ディヴィ。ジョーンズの心臓をにぎる。  それは、海のモンスターと権力者が手を組んだことを意味していた。 彼らに対抗するのは、世界の悪名高い選ばれし海賊長の召集と海の女神カリプソを“解放”することである。 

by jd69sparrow | 2011-12-16 22:56 | 映画タイトル は行

いちご。

2011年6月3日(金)


ストロベリーという呼び方ではなく、『いちご』。

「イチゴ」や「苺」という書き方ではなく、

『いちご』と書くのが 個人的にはしっくりくるような気がします。


もうそろそろ、いちご もシーズンオフです。

あと、半年も食べれないのが

寂しくてならない。


我が家の『章姫』も小さい実しか,実らなくなった。

でも、いちご は小さい方が甘い


いつだったか、

いちご の話題に触れたことがありました。

ボールに水を入れて

いちご をあけて,それを手でクルクル回してみたら

面白い絵がとれたって日記です。


動画でも、静止画でも

観る事の出来ない新たな面白い1コマを発見しました。


…性能がかなり良いカメラだったら

その瞬間を撮れたかもしれないが。


カメラのシャッターを半押しにすると

液晶には瞬きをしているかのような、映像が見れます。

コマ撮りっていうのかな?


なんだか面白いのです。


言葉でうまく表現するのが難しいので

数少なくなってきてはいますが、

いちご を買う機会があったら

水まわりで 電気をつけた上で

試してみてください。


たいしたことではないけれど、

気が向いたら是非。

by jd69sparrow | 2011-12-15 21:56 | 独り言。

祝★6周年♪♪

2011年6月2日(木)


うっかり。


このブログを始めてから

『6年』だということを

忘れてました。


毎年、5月27日

お知らせしていたと思うのですが

今年はどういうわけか…。


あと、4年後も

こういうふうに報告できるといいな。

その頃には 

いい歳になってしまっていますが…。


タイトル的に

映画の話題を歌っているのに関わらず、

最近?は脱線してばかりです(^^;;


とは言え、時々ですが

劇場に映画を見に行ったときなどは

更新しているので観ていただけたら幸いです。


今後も細々ではありますが

ブログを続けていこうと思うので

よろしくお願いいたします。

by jd69sparrow | 2011-12-14 21:36 | 独り言。

何が第一?

2011年6月2日(木)


震災復旧のめどが立たない今。

内閣不信任案が話題となった。

かつての民主代表を始めとする政治家たちは

なんとしてでも、

現・総理を引き摺り下ろそうとしていた。


被災地の人たちはもちろんのこと、

多くの国民は思ったことだろう。


今、そんなことしている場合か??

…と。


確かに現・政権は力不足で,対応が良いかどうかと

聞かれれば、良いとは言えないだろう。

弁護するわけではないが、

東日本大震災に,原発事故というのは

かつて日本で前例のない事態であり、

完璧な対応…というのは

期待すべきではない。


「国民の生活が第一」と、

民主がスローガンにあげている以上、

それに徹するのが今、何よりも優先するのが「国の役割」というものだろう。

現・総理おろしでも,内輪もめでもない。


政治に詳しくない立場で言うべきかはわからないけれど、

なぜ、協力し合えないのだろうか。

文句ばかり言って、言いたいことだけ言って…


果たして、その文句を言うばかりの人たちの中に新しく,総理になれる器がいるのだろうか。


互いに足りない部分を補うべきではないのか。

国民が…国が一つにならなければならないときだという

民主の幹事長の言葉どおり、

政党どうし、力をあわせるべきだろう。


今、心を一つにならずして,いつするというのか。

このタイミングで総理を変えて何になるというのか??


本当に、被災地復興に全力を尽くしているのかどうか、

疑わしいと思われてもおかしくない。


お互いに悪口言っていないで

もっと国民の声に耳をすませるべきだろう。

by jd69sparrow | 2011-12-13 21:17 | 独り言。

地球が静止する日 the day the earth stood still(2008)

2011年5月27日(金)

d0058606_2374361.jpg
<あらすじ>
 地球外生物,微生物の科学者であるヘレンは 国家が危機にさらされたとき,国から保護される。 何も知らされぬまま,彼女を始めとする様々な分野の科学者やエンジニアたちが連れてこられた場所には宇宙から来た大きな球体があった。 球体から出てきたのは人の形に似たエイリアンだったが 一人の兵士により誤って銃撃されてしまう。
 エイリアンは やがて人間の姿へとカタチを変えるのだった。 不思議な能力を除き、何一つ人間と変わらない,そのエイリアンは、クラトゥと名乗る。 彼の目的はただ一つ。"地球を救うこと”。 政府は力で事態をおさめようとするが、へレンがクラトゥを救うのだった。
 「人は変わることが出来る」とヘレンは信じるが、クラトゥの答えは「人がどう動こうとも,何も変わらなく,人類は滅亡する」と揺るがない。  地球という星と人のあり方を考えさせられる,サイエンス・フィクション。

<感想>
 今回、2回目の鑑賞。 映画を観て忘れられない印象深い場面が二つある。 まず一つ目が前半の場面だ。 クラトゥが人の姿へと変化する場面だ。 カプセルの中に入れられたクラトゥの第一声はヘレンに向けられたもので、「君たちこそ怖がるな」。 シンプルで心を読んだ一言だ。 人間は、見慣れぬものや未知のものと遭遇したとき、恐怖を感じずにはいられない。 この一言で物語に光が照らされ、物語の印象や方向性が見えてくる。 
 次に、クラトゥとジャクソン国防長官との最初の対話もまたインパクトが大きい。 ジャクソン国防長官は「何故、あなたは私たちの星にやって来たの?」と問う場面だ。 クラトゥは地球が人間の「所有物」ではないと言う。 また、地球を脅かしているのは人類であり、その人類から地球を救いにきたのだという、衝撃的な真実へとつながる。
 

by jd69sparrow | 2011-12-12 23:05 | 映画タイトル た行