人気ブログランキング |

<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

カーズ2

2011年7月30日(土) 公開初日♪

d0058606_1843498.jpg
<あらすじ>
 ラジエーター・スプリングスで結ばれた,ライトニング・マックイーンとメーターとの友情の絆が世界で試される! マックイーンは、レーシングカー。 メーターとの友情は彼のデビュー戦の日から始まる。 デビュー戦にして、挫折を味わったマックイーンがたどり着いたのはラジエーター・スプリングスという名の地図から消されてしまった,田舎町。 マックイーンはレッカー車のメーターと出会い、町の人々と触れ合いながら成長し、メーターとの友情も深めていく…というのが第一作目。

 第二作目となる『カーズ2』は、マックイーンの世界戦が舞台。 世界のレースで四度もトロフィーをモノにしたマックイーンは,休暇をとるためにラジエーター・スプリングスに帰ってくる。  しかし、メーターがテレビ番組に電話をかけ,イタリア代表 フランチェスコ・ベルヌーイへ,意図せずマックイーンの代わりに宣戦布告をし,マックイーンはフランチェスコの出る東京でのレースへ参加することに。
 マックイーンと共に東京にやって来たメーターは,そのレースの裏で進行されている事件に巻き込まれる。 イギリスから来た諜報員たちに,事件を追うアメリカからの諜報員と間違われたメーターは、闇の計画を阻止する任務に加わることになる。 レースは世界各地に展開され,マックイーンにも危機が迫る! メーターは親友を守ることが出来るのか…。


<感想>
 『トイ・ストーリー』のウッディとバズのような友情物語から一新、スパイアクションとして生まれ変わった『カーズ2』! この壮大なる冒険とスケールは 実写に負けない面白さがある。 ピクサー作品の中で最も世界が広いのが『カーズ2』である。  個人的には、乗り物に感情をつけるのは『機関車トーマス』というイメージが
先に来るのだが、ピクサー独自の味があり,決して二番煎じではないのだ。 それに、一つ大きな違いがある。それは、顔の描き方。 作り手側が言うように『カーズ』は、素材を活かし,キャラクターたちの感情をつけている。 
 車たちがメインである,本作では飛行機や船などのキャラクターも登場するし、様々なレーシングカーを観ることが出来るのだが それだけではない。 注目は日本・東京! 日本の伝統文化、和の風景、そしてトレンドなど 細部にまで そのこだわりが観られる。 日本へ来る外国からの観光客のリアルなエピソードと反応が観れるのも面白いところ。 この物語の最初の部分を彩る東京の場面のバックボーンを知るとさらに映画が魅力的に思えるだろう。 そしてもう一つ、注目したいのがここで登場する,日本色の車たち。 歌舞伎や相撲をする車たちがとても魅力的で、メーターがそれにちなんだ格好で登場する一こまにも注目である。 
 スパイアクションという設定はとても意外だった。 その主役がメーターであることも。 でも、ある意味必然だったとも思う。 これは実写にそのまま置き換えられると思う。 ジェームズ・ボンドのようなスパイがいて、ボンドガール的なパートナーがいる、そして彼らのミッションに偶然巻き込まれた主人公がいるという最高な素材が揃っているからだ。 スパイアクションの醍醐味と言えば、緊張感ただようミッション遂行やアクションである。 スパイものにアクション要素が加わると、街の景観もポイントになってくる。 実写さながらの美しい街並みがCGの中にリアルに再現されていて、その街に旅行しているかのような疑似体験すら出来るから、凄い。
 今回の話は誰かの成長の物語ではない。 メーターの冒険が中心で彼が自分に自身をつけるまでの話というか、友情という絆において大切なこととは何かを問う物語。
 魅力は人間社会を車の視点でリアル、忠実に再現されているところ。 人の視点が車の視点に…車の前輪が「手」であるという設定はとても面白い。 乗り物が乗り物に乗ること、その乗り物が乗る,乗り物もまた生きているということ。 さらに違う乗り物どうしのコンビネーションがカッコいいところ。 
 ピクサーと言えば、ほんわかした感動ストーリーという印象があるし、そこが魅力だと思う。たまに こうしたスケールの大きい物語があってもいいと思うけど、この路線をたどり続けすぎて欲しくない。 物語は常に「心温まる」ものとされているのは変わらずあるのけれど、いつまでもそうあって欲しい。

by jd69sparrow | 2012-01-05 18:41 | 映画タイトル か行

注目映画!!

2011年7月30日(土)


◆『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』◆

d0058606_15585830.jpg
 マーベル映画。 10月公開。 主演は『ファンタスティック フォー』シリーズのクリス・エヴァンスで『スパイダーマン』第一作目でトビー・マグワイアが見せたマッチョぶりと,そのビフォーアフターの衝撃と同じくらいの凄さがある。 どちらかがCGかどうかは わからないけれど かなり作りこまれたスタイル。

 日本では『BOSS』のコマーシャルで有名なトミーリー・ジョーンズや『スター・ウォーズ』シリーズのサミュエル・L・ジャクソン、『マトリックス』シリーズでのエージェント・スミスの強烈なキャラが印象的なヒューゴ・ウィービングという実力派,個性派なベテランが脇をかためている注目作。

※公式サイト:『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』


◆『アメージング・スパイダーマン』◆
d0058606_16131179.jpg
 『スパイダーマン』シリーズ第四弾は、リブートである。 監督が降板したことにより,キャストやストーリーを新たにスパイディ誕生から描かれる。 前シリーズと違い,ゴブリンではなく 最初に戦う敵がヒト型爬虫類“リザード”というキャラクターに。 再映画化は珍しくは無いが、このようなカタチでのそれはとても珍しいと言えるだろう。 スパイディとピーターのゴブリンとなった親友ハリーとの対戦が見れないのは残念。 今回の敵だけでなく、ピーターのまわりにるキャラクターも異なる。

主演は,『Dr.パルナサスの鏡』で四人のスターと共演し,アントン役を演じたアンドリュー・ガーフィールドである。 ちなみにリザード役には『ノッティングヒルの恋人』のスパイクや、『ハリー・ポッターと死の秘宝 part1』でハリーの学友ルーナの父親ゼノフィリアス・ラブグッドを演じたリス・エヴァンス。 公開は2012年6月30日より。

※公式サイト:『アメージング・スパイダーマン』


◆『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』◆
d0058606_16511063.jpg
 『M:I』シリーズ第四作目。 最近のシリーズものは全三作ではなく、四作以上作られるようだ。 どこまで行くのだろう。 西洋のジャッキー・チェンとも言うべきであろう,トム・クルーズ。 今回もハードでクールなアクションが期待できそうである。

きっとトムの体力が続く限り作られるであろう。 ネタも無限大。

公開は2011年12月16日(金)と、既に半年きっている。
まだ、詳細はわからないけれど
迫力あるアクションで魅了するだろう。

※公式サイト:『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』



◆『三銃士:王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船』◆
d0058606_1762963.jpg
 若き日のダルタニアンを主人公に、新たなる『三銃士』が誕生。 『バイオハザード』の監督だけにスタイリッシュなアクションが観られるのだろう。 主演は『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』が記憶に新しいローガン・ラーマン、敵役には『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョボビッチと『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのオーランド・ブルーム

ミラはアリス(『バイオハザード』)のような柔軟なアクションが凄いし、オーリーはファン・テギョンのようなワイルドな風貌で珍しい悪役。 やはり悪役が魅力的だと作品全体が魅力的に見えるゆえに期待作。

公開は10月28日と,ハロウィンのちょっと手前。

※公式サイト:◆『三銃士:王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船』◆ 

by jd69sparrow | 2012-01-04 15:23 | インフォメーション

トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン

2011年7月29日(金) 公開初日!


d0058606_3154614.jpg
<前回までのあらすじ>
 惑星サイバトロンは、金属生命体が数多く生存する,かつては平和的な惑星。 その歴史は人類のを遥かに超える。 しかし、メガトロン率いるディセプティコンという組織の反乱により,戦争が勃発。 自由と平和を愛するオートボッドたちとディセプティコンとでサイバトロンは二分される。
 メガトロンは地球へとたどり着き、そして永い眠りにつく。 オートボッドたちもまた、戦争により壊滅的となる。時を経て、メガトロンの脅威は復活し、彼の野望を阻止するべく,オプティマスプライム率いる,オートボッド軍は,地球を目指し,地球の車のスタイルを体に取り込み,新たにトランスフォームする。
 地球という舞台において、人類を巻き込み,オートボッドとディセプティコンの戦いが繰り広げられる。 オートボッドは人類と共存し,共に闘い、ディセプティコンは 復活を繰り返し,あらゆる手段で地球侵略をもくろむ。 彼らの戦いの行く末の鍵となるのが 地球人である サムだった。

<今回のあらすじ>
 人類が初めて月に降り立った,その偉大なる一歩を成し遂げられたその日、密かにある任務が遂行されていた。 ことの始まりは,50年も遡る。 宇宙飛行士が見たものは かつてサイバトロンで起こった戦争で墜落したオートボッド側の戦闘機とオートボッド軍の元司令官で,眠りについているセンチネルプライムであった。
 メガトロンの二度目の復活による戦いから二年。 サムは人類を二度も救った偉業で大学を卒業するも 就職先が未だに見つからない日々を送っていた。 彼の生活をつなぐは,新しい恋人カーリーだった。 しかし、悩む日々が続くも平和な日々は長くは続かなかった。 またしても、人類は存続の危機の渦中に立たされ,サムはその戦いに巻き込まれる。
 ディセプティコンは地球にいるオートボッドたちを遥かに超える,数で地球侵略を試み、その鍵となるのがセンチネルプライムの復活だった。


<感想>
(※ネタバレにご注意ください!!

 シリーズ最終章。 一つのテーマは“裏切り”である。 それはオプティマスプライムが最後にしめくくった一言が指している。  その一つは、ごく一握りの人類がディセプティコン側につくという,なんとも意外な展開だった。 それは今回のストーリーを動かす機動力の一つでもある。 しかし、最も恐ろしい“裏切り”は他にあり,それは 遠い昔から既に起きていて,人類はおろか、オートボッドたちをも追いやることとなる。  そこが『ダークサイド・ムーン』のポイントだ。
 シリーズ初の3D。 これにより、更なる映像テクノロジーが駆使され,臨場感もスケールもアップしている。 3D技術はこの映画のためにあると言っても過言ではないだろう。 オートボッドたちが 実際に存在するかのようにリアルなのは この立体技術が大きく影響されているのだと思う。
 新たなるオートボッドの出現にも注目であるが、ディセプティコン側にもある。 なぜなら、彼らにもオートボッド同様の車へのコピー能力はもちろん、様々な形態を持つからである。 ここで面白いのは  ショックウェーブである。 個人的に 『ガンダム』に登場する,あるモビルスーツに見えて仕方が無い。 少なからず影響を受けているのではないかと思うのはせいか。
 シリーズを通していえることかもしれないが、この作品の見所の一つが“スピード感”である。 物語の展開はジェットコースターのように進んでいく。 ストーリーとしても映像としても。 展開が速く、この作品ばかりは吹き替え版で観る方が着いていくにはいいかもしれないし、吹き替え版であるとかないとか 気にならないくらいの面白さである。 
 スピード感をより明確に表したモノと言えば やはり戦闘シーン。 ほとんどが走っている状態でのもの。 追いかけられていることが多い。 車の形態でオートボッド、ディセプティコン共に走っており、その状態からトランスフォームする場面は迫力満点。 具体的に例を挙げると、バンブルビーである。 バンブルビーはサムを車として乗せた状態からトランスフォームし、戦闘する場面が多いようで、バンブルビーこと,ビーがトランスフォームで車から戦闘モードに入るとサムは宙に放り出され、戦闘が終了するとビーがキャッチして,車にトランスフォームして、サムを運転席に戻す。 この一連の流れがとても印象的であり、個人的にはこの,サムがビーに放り出され、宙に浮かんでいる,スローモーションの場面こそ3Dが体感できると思う。
 実写版『トランスフォーマー』において、見所はたくさんある。 様々な形態の改造車?で登場するオートボッドとディセプテコンはもちろんであるが、忘れてはならないのが サムとビーの友情の絆。 ビーは言葉を話す機能を失い、自分の本来の声とは違う様々な“声”(おそらく、地球に着てから声をデータとして取り込んだ)で話す,過去の影があるキャラクターであるものの,しかし そんなこととは裏腹に底抜けに明るいキャラクターであり、熱いキャラクターでもある。 まるでそれは、志村園長とパンくんの関係の陽でもあり、名犬とその飼い主(パートナー)という関係性に見える。  ビーは暗い過去があっても それを引きずらない、人間ではないけれど、人が尊敬すべき性格の持ち主なのだ。 どんな危険な状況下でも サムを思いやる言葉は忘れない、明るく熱い言葉をかける。 字幕で観てもそれは伝わると思うが、吹き替えはより私たちの言葉に近いだけにより伝わると思うし、心に響いてくる。 ビーとサムとの絆はメガトロン最初の復活の前から既にサムが意図せず結ばれていた。
 ビーはオートボッドの中でもとても頼れる存在ゆえに、メガトロンとの最初の戦い以降,設立された特殊部隊・NESTと共に戦いに出ることが多い。 そんな状況に やきもちのような感情を抱くサム。 さらには新しく買った車は限りなく,ビーのモデルに近いデザインであり、車のミラーには蜂(ビー)のマスコットまであることを観るとビーへの思いが強く,友情や愛情?の強さを象徴している。
 サムじたいに特殊能力は無いけれど、『スパイダーマン』でのヒーローとヒロインの関係性を思い出す。 というよりも、ヒーローもの全体に言えるかもしれない。 主人公はヒーローになると,ヒロインとの間に溝が出来てしまう傾向がある。 サムも例外ではない。 三作目にして,新しいヒロインが登場するが、この傾向を今回 打ち破っている。 大切な存在を守るべく、戦争が本格的に始まってから終始,カーリーを守ることを怠ることは無い。 そのたくましさが、主人公の成長の証と言えるだろう。 
 もう一つ見所としては、人間とオートボッドたちが協力し合う様々な場面。 オートボッドたちは人間の生活の中に溶け込んでいるものもおり、戦闘における良きパートナーである。 今回も彼らは互いに知恵を出し合い、戦い連携しているのだが、やはり人間対ディセプティコンという場面も多くある。 勝ち目がないと思われる人間たちが 敵の隙をついたり,弱点をロックオンして攻撃する様子を観ると 戦いの結果というのは 必ずしも勝ち目の有無とは関係があるわけではないのだと思う。 つまり、人間が一丸となれば 強敵にも立ち向かっていけるのだと観ている側が、勇気付けられるのである。
 「いつの間にか…」という場面が多い。 それはスピード感に追いつけなかった場合なのだが、ちょっとツッコミたくもなる。 決して悪い意味でなく。 大きな敵への一撃、オプティマスたちの登場やオプティマスの復活などなど。
 いろんなオートボッドたちの強さに魅了される。 だが、やはりオプティマスのかっこ良さったらない! というか、強すぎだろってツッコミたい。 物語のクライマックスは メガトロンとの闘いが用意されているわけだが,そしてもう一人の手ごわい相手とも。 ここでは三回の闘いが用意されているが いずれも決着がつくまでがととてもスピーディ。 作品の雰囲気だけでなく、決着場面までも?! と驚いてしまう。
 それはカーリーの的を射た一言に、意外にも耳をかし,単純にもそれを実行する。 何故、言われる前にメガトロンはそれを行動を移さなかったのか。 もう一ついえるのが、カーリーがただ守られるだけのヒロインではない,今までないヒロインだということ。 残念ながら その場面はごくわずかな時間。 もっと観れたらと思ったけれど、今回がシリーズ完結。 
 メガトロンはかなり強いはずなのに あっさりとオプティマスに倒され、歯が立たなかったはずの,また闘いを避けたかったはずの相手も,メガトロンに痛めつけられた後とは言え,オプティマスの剣に倒れる。 オプティマスの潔さったらない! 総司令官という称号がふさわしい。 裏切りがあったとは言え、つらい決断をこの短時間で迫られ,くだす。 オプティマス…たとえ、負傷し片腕を失っても その強さは変わらない。 というか、負傷した後,さらにパワーが増したように思える。 あまりの強さに驚くと同時に、凄い!…と思う☆ ツッコミどころとか、むしろ関係ない。 理屈ぬきにこの決着の瞬間は爽快。 決着の瞬間、いかにつらい決断をしたのかをオプティマスが体現している。
 故郷を守ることは大切だけど、もっと大切なのは自由と平和の下に愛するものを守ることだ。 しかし、オートボッドたちが“故郷”を守ることには変わりは無い。


※満足度
★★★★★(満点)
3D映画の最高峰と言っても過言ではない,オススメな映画です。

by jd69sparrow | 2012-01-03 03:14 | 映画タイトル た行

忍たま乱太郎

2011年7月27日(水)


d0058606_15503770.jpg
<あらすじ>
 戦国時代、自然豊かな場所に忍術学園が存在した。 学園に入学したものは皆、忍者の卵,忍たまと呼ばれる。 乱太郎は一流の忍者になるべく、その忍術学園へと旅立つ。 一年は組という個性派ぞろいのクラスで学ぶことに。 乱太郎はすぐさま,二人と仲間となり,親友をえる。 どケチだけど、仲間思いのきり丸と裕福な家で育った,のんびりやなしんべえである。 彼らの長い忍者修行が始まる。
 上級生の斉藤タカ丸と,その父でカリスマ髪結いの幸隆親子は,ウスタケ城の“抜け忍”,つまり裏切り者として その命が狙われていた。 彼らを救うためには ウスタケ城の忍びたちと忍たまとで勝負をしなければならない。 それは、どちらが先にウスタケ城の敷地内にある寺の鐘を鳴らすかというものだった。 その勝負の行く末は全て,乱太郎の足にかかっていた。 果たして、忍たまたちは斉藤親子を救えるのか。

<感想>
 『忍たま乱太郎』とは、もとは漫画で 後にNHKでアニメ化されて以来、長きにわたり子供たちに愛され続けている物語である。 忍術学園の生徒に先生、悪役に八方斎など実に個性豊かなキャラクターたちがたくさん登場する,ギャグと友情の物語。 今回の実写版『忍たま乱太郎』は,そのアニメの世界観のよさを,素材そのまま活かした映画となっているところが最大の見所と言えるだろう。
 特殊メイクの凄さは さすがという感じ。 忠実に…あるいは大胆かつワイルドにキャラクターが作られている。 八方斎と忍術学園長がそのイイ例であり,かなり強烈。 メイクだけで言ったら、斎藤幸隆は いかにも漫画的で特徴的。 時にわざとらしいくらいの特殊メイクがあるけれど、それが逆にいいのだろう。 漫画らしさが際たつ。
 実写にするにおいて、個人的に一番アニメに近いといえるのが、一年は組を教える先生の一人,土井先生。 それに山田先生。 山田先生といえば、山田伝子と名乗り,女装する趣味を持った個性派キャラ。 今回の映画の中でも登場するが、ほんのわずかな時間しか見れないのが残念。
それ以上に、食堂のおばちゃんの登場時間を増やして欲しかった。 「お残しは許しまへんで」という決め?台詞のあるオバちゃんを あの個性派俳優が演じているのが 何よりの楽しみと言っていいくらいだった。 アニメでは鬼のように声をあらげるオバちゃんを,物静かな口調だけど強烈に印象づける実写版。 個人的に実写版で一番好きなキャラクターである。  他にも、戸部先生はかなり男前な実写化だし、意外な人が意外なキャラクターをやっているというところにも注目していただきたい。
 今回の映画版は、『忍たま乱太郎』の世界観を味わう,ビジュアル面をこだわりにこだわり抜いた作品と言える。 ストーリーの内容自体は特に特別というわけではなく、コメディをまじえた“仲間との絆”物語。 子供的視点で言えば、常に笑いを追求したものと言えるかもしれない。 子供たちの笑顔を決して絶やさない作品。“ついでに”程度ではなく、もし次があるとするならば キャラクターのディテールにもっと時間をとって欲しいと私は思う。 …というか、そうなると映画よりもドラマの方が良さそうだが。 実写ではあるが、漫画を見る感覚。 先に述べたように、“素材そのまま”なのである。 漫画(アニメ)をそのまま実写に変換した感じ。 ストーリー性としては、今一歩だが、エンタテインメントとして 何も考えずに見れば面白いかもしれない。

by jd69sparrow | 2012-01-02 15:36 | 映画タイトル な行

コピーに欠陥。

2011年7月25日(月)


おとなりの国は

コピー大国と言われている。

他の先進国の技術をコピーして

それを独自のものと言い張る根性は凄いと思う。


もはや、過去の歴史など関係ない。


いかに早く発展しようとするあまり、

また,土台作りを怠るがゆえにその「しっぺ返し」が

今回の列車事故とつながったのだろう。


いいものをただ真似るだけではなく

独自に土台を,歴史を重ねていかなければ

欠陥はおろか、

痛手を負うばかり。

国民からも反感を買うのも無理はない。


列車事故を明らかな隠蔽で流す。

当人たちは否定するけれど

隠蔽でないとするならば、なんだというのか。

理由をのべらられたところで

言い訳にしか聞こえないだろうけど。


コピーすることを平気でやってのけるゆえに

おとなりの国から

輸出されたものには欠陥が目立つのだろう。


莫大な富を得て、独り占めしようなどと

欲を張るがために

天から罰せられたのだとしか言いようがない。


欲張るとイイことなんて ないんだよ。

by jd69sparrow | 2012-01-01 22:26 | 独り言。